生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』を読んでひとこと

漫画家・西原理恵子さんの『この世でいちばん大事な「カネ」の話』を読んだ。

 

「働くことが人を人たらしめるんだよ」と、働いて自分でお金を稼ぐことの大切さを説法してくれた本だった。その言葉の背景には、西原さんが経験してきた壮絶な人生がある。それだけに説得力があるというか、重みがあるというか。

 

ただこれを読んで、「そうか、じゃあ働こう!働かなきゃ!」と思えるほど僕の心は動かなかった。頭では理解したし、こういう人生を歩んで、こういう価値観を持った人がいるんだ、という知識を得たこと自体に意味があった。

 

それから、これまであまり「お金」について深く考えたことはなかったけど、いまいちどお金というものに向き合ってみようと思うきっかけになった。さっそくネットで調べて、『20代で知っておきたいお金のこと』という本を読むことにした。まだ手に入れていないのでいつ読むかは分からないけど。

 

西原さんは知識よりも、行動して感じたことを重視する人のようだ。ネットやニュースで見たことはあまり信じず、それよりも実際に自分で行って、見て、聞いて、感じる。それがすごく大切だ、と信じている人のようで。だからきみたちも自分の体にいろんな体験を刻み込みなさい、とメッセージを発している。

 

僕はまったく逆のタイプで、行動より知識を重視したり頼るタイプ。しかし最近では、いまよりすこし行動を大切にしようと思って生きている。でもやっぱり行動することはこわい。だから西原さんのメッセージを素直に聞くことはできなかった。「そうは言うけど、こわいんだよ..!」と反発したくなってしまった。

 

高知県で育った西原さんはそこでおそろしく貧乏な生活をして、いつも「最下位」だったという。勉強もスポーツもなにもかも最下位。そこから上京して、絵を描いて稼ぐことを目標にしたときに、まともにやっても勝てないことはわかっていたから、「最下位の人間には最下位の戦い方がある!」と言って、最下位なりの戦略を立てて、漫画家としての成功をおさめたそう。

 

この「最下位の人間には最下位の戦い方がある」という言葉はすごくかっこいいな、と思った。僕はいまニートで、社会不適合者として生きている。社会におびえて、自分からレールを外れた。僕にはハードルが高すぎると感じた。だから僕は僕で、自分にあったハードルを設定して生きていかないといけないんだ、と。

 

みんなとおなじようにやろうとしても、できないことがたくさんある。けど僕にもできることはある。それをわかったうえで、自分なりの人生戦略を立てて生きていかないといけないんだ、と思った。そしてむしろそのほうが早いんじゃないかと思う。変に社会のレールに合わせようとするよりは。

 

そんな風に思わせてくれた一冊でした。

 

おすすめ度 ★★★★☆

 

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

 

 

20代で知っておきたいお金のこと

20代で知っておきたいお金のこと

 

 

ひきこもりと図書館

いまの自分を「ひきこもり」と呼んでいいのかよくわからない。けど世間的にはひきこもり兼ニートなのだろうきっと。社会参加していないし、外出するのも週に2~4回ほどだ。外出といえば、ちょっと近所を散歩したり、買い物に行ったりする程度だ。「完全なひきこもりになってはいけない」という気持ちでいるので、簡単な用事でいいから外に出るようにしている。

 

外出するのはあまり好きではない。いろんな土地を訪れたり、景色を見たりするのはむしろ好きなんだけど、どうしても周囲に人がいるという状況に気疲れしてしまうし、疲れやすいのですぐに家に帰りたくなってしまうのだ。おまけにつねにお金がないので、気軽に喫茶店に入ったりして休むこともできない。たぶん同世代が聞いたらどん引きするほどお金を持っていない。

 

そんななかで、図書館というスポットはすばらしい。僕の外出に対するウィークポイントをすべてカバーしてくれるのがライブラリーという場所だ。それを今日は語りたい。

 

静か

 図書館のいいところ。まずは静かであること。大きめの図書館だとちょっとざわざわしたりするが、人の少ない図書館はほんとに静かで落ち着く。外の世界はいつも人が多くて、落ち着かないけど、図書館はみんな本を読んで自分の世界に入っているので平和だ。

 

座れる

最近は休憩できるベンチを置いている商業施設が多くなってきたが、それでも外出先で座れる場所は少ない。お金を出して喫茶店やファーストフード店などに入らないとゆっくり座れない。そんななか図書館は座れるのでグッジョブだ。いまの時期は冷房も効いていてまさにオアシスだ。僕はすぐに腰が痛くなってしまうので、座れるというのはものすごく大事なポイントだ。

 

無料

とくに説明は不要だ。お金がないとなにもできない現代において無料で利用できるありがたみを感じる。

 

本が読める

あたりまえだけど、図書館に行けば本が読める。最近は本を読むのがめんどくさくなってきた感があるけど、いままでの人生で本を読んで救われたことが何度もあるので、やっぱり読書は大切だと思う。

 

自動的に外出の予定ができる

ひきこもりにとってこの点はすごく大きいと思う。本を借りたらだいたい2週間後までには返さなくてはいけない。つまり2週間以内にまた図書館に行く用事が自動的に発生するのだ。で、返したときにまた新しく本を借りれば、少なくとも2週間に一度は外出するというルーティンが完成する。これはツタヤなどでもおなじで、自動的につぎの外出予定ができるというのはかなりのメリットだと思う。

 

以上が僕にとっての図書館のメリット。

 

恵まれたことに、僕の家から自転車で30分圏内のところに図書館が4つもある。微妙に遠いので行くのがめんどくさいときもあるけど、これだけ図書館があるといろんな本が読める。A館にはないけど、B館にはある本とかが読める。できるだけつねになにかしら本を借りるようにしている。そのおかげで完全にこもりきりにならなくてすんでいる。

 

最近は行ったことのない図書館に行くのがひとつの楽しみになっていて、本は借りないけど訪れた街の図書館に入ってみたりすることも多い。読みたいけど地元の図書館にない本を探したりとか、ただたんに座って休憩したりする。

 

ほんとはもっといろんなところへふらふら出かけたいのだけど、お金がないので図書館にばかり頼っている。言うほど通い詰めてるわけでもないのだけど。やっぱり家が落ち着くので家にばかりいる。外出先では図書館が一番落ち着く、という話。

髪を染めようとしたけどビビッてやめた話

2、3ヶ月くらい前から、「髪染めようかなー」なんて思っていましてね。で、1ヶ月くらい前にドンキホーテで市販のブリーチを買ったんですよ。一応、大学時代に2回くらい染めた経験がありまして。そんなに明るくない茶髪だった時期があります。いまは真っ黒。

 

過去に染めたときはこういうやつを使いました。

GATSBY(ギャツビー) ナチュラルブリーチカラー クリアブラウン 1剤35g 2剤70mL (医薬部外品)

GATSBY(ギャツビー) ナチュラルブリーチカラー クリアブラウン 1剤35g 2剤70mL (医薬部外品)

 

 

で、できればまたおんなじやつがいいな、なんて思っていたんですが、ドンキに行くとこの商品は600円くらいする。しかしその隣に400円くらいで売っているブリーチがありまして。「あれ、これでいいんじゃね?」と思いまして、そちらを安易に買ってしまいました。それがこちら。

メンズフレッシュライト メガメガブリーチ 130mL

メンズフレッシュライト メガメガブリーチ 130mL

 

 

で、買ってからよく調べてみると、これは金髪にする用の強力なブリーチらしく。それを知ってビビってしまいました。放置する時間を短くすれば金髪にはならないかもしれないけど、でももしかしたら思っているよりも明るくなってしまうかもしれない...。あまり目立たせたくはないので、それはいやだ、と。

 

それから今日までずっと染めずにいたんです。なんか不安で、後回しにしていました。けどもうやってみようかな、と。せっかく買ったし、無駄にするのはもったいないな、と。一気に塗って、ちょっと明るくなったらすぐ洗い流せば大丈夫だろう、と。

 

で、トライしてみました。ところが、過去に染めたことがあるとはいえ、そのときは友人にやってもらったんです。だから自分でブリーチを髪に塗るのをやったことがなかったんです。塗るのに手こずっていたらどんどん時間が経って、すでに塗った部分が明るくなりすぎてしまうかもしれない...。そんな不安が襲ってきまして。

 

風呂場で塗っていたんですが、なかなかうまく塗れなくて、どんどん焦り。しかも目に液体が入ってしまうと危険だというので、それもさらに焦りを助長させてしまい、軽くパニックになりました。そして。気づいたときには僕は急いで髪を洗っていました。まだ塗り終わっていないのに。まだ液体が半分くらい残っているのに。

 

ちょっとしたパニックに陥り、思わず断念しました。ビビりな自分が情けなく、恥ずかしくなりました。ちなみに髪の色はほとんど変わらなかったです。もしかしたら一部、すこし明るくなっているかもしれませんが、たぶんなにも変わっていないです。

 

この出来事、僕のなかではけっこうショックだったんです。どんだけビビりなんだ、と。どんだけ情けないんだ、と。たかが髪を染めるだけのことなのに、と。これはひとつブログのネタにして、自虐しようと。それでこの一件を処理しようと。そういうことでブログに書きました。

 

ちょっとしたエピソードではありますが、でも自分を褒めたいです。「ナイストライ!」と。1ヶ月くらい先延ばしにしていたことに、思い切って挑戦したことは事実なので。結果うまくはいかなかったけど、いまはポジティブに捉えています。やっぱり髪を染めるときは大学時代に使ったのと同じやつを買って、慣れてる人にやってもらう方がいいと学びました。

 

僕の髪は今日も真っ黒です。

人生が変わるというので「やりましたリスト」をつくった

「やりたいことリスト」というのはよく聞くし、僕も過去にブログに書いたことがある。しかし「やりたいことリスト」よりも、「やりましたリスト」を書いたほうが人生が変わるらしい。

やりたいことリストより「やりましたリスト」を書くと人生激変するらしいのでやってみたよ - ゆに暮らし

 

 やりたいことを書いたはいいけど、達成できないものがあると自己嫌悪しちゃったりするので、実際にやったことを書き出したほうが自分に自信が持てたりするそうで。なるほど、なら書いてみよう、ということでさっそく50個書き出してみた。これまでの人生でやってきたことをどんなに細かいことでもいいから書いてみた。

 

・ラジオをやった

・派遣バイトをやった

・ブログをやった

・体操をやった

・テニスをやった

・料理をした

・一人暮らしをやった

・就活をやった

・高校受験をやった

・大学受験をやった

・新潟に行った

・台湾に行った

・熊本に行った

・伊勢に行った

・名古屋に行った

・浜松に行った

・金沢に行った

・ブログで収益を出した

ダンゴムシの会を立ち上げた

・ペリスコープでライブ配信をした

スカイプで友達と話した

・ネット銀行の口座をつくった

・オムライスを頻繁につくった

・せんぷうきを掃除した

・ベッドを弟にあげた

・母親にニートになったことを説明した

・オリンピックの体操を応援した

・疲れてる親の代わりに皿洗いをした

・行ったことのない図書館へ行った

・しなければいけない電話をした

・高校で部長をやった

・中学で生徒会副会長をやった

・散歩にでかけた

・家族のみんなが飲み食いできるものを買った

・このやったことリストを書いた

・noteをはじめた

g.o.a.tでブログを書いた

・ホームページをつくった

・youtuberの動画やゲーム実況をみはじめた

・プレゼントキャンペーンに応募した

・新しい派遣会社に登録した

・きれいな景色の写真を撮った

・納豆を食べるようにした

・格安SIMのプランを変更した

・朝の習慣をはじめた

・2日に一回くらいの頻度で部屋掃除をはじめた

プロスピAをはじめた

・夕飯前にシャワーを浴びる癖をつけた

ダンゴムシの会のブログをつくった

ダンゴムシの会のツイッターをはじめた

 

けっこうがんばって50個書いた。30個あたりからひねり出すのがしんどかった。ちなみに50個という数字に意味はない。はじめは100個にしようかと思ったんだけど、しんどかったので50個にしておいた。

 

書いていて、「けっこういろんなことやってきたな」と感じられて、たしかに自分に自信を持てるような感覚があった。「自分なんてなんにもしてこなかった...」と卑下することもあるけど、そんなことはない、と。僕なりにいろんなことをやってきたんだ、と。そしてこれからもちょっとずついろんなことをやっていこう、と。そんな気持ちになった。

 

半年ごとに「この半年ではじめてやったこと」をリスト化して書いていくと、精神衛生的にいいんじゃないかなと思った。それにそういうリストを作ることで、リストにどんどん追加したい、という思いができてやる気も出てくるだろうし。いい暇つぶしにもなる。

 

みなさんもどうぞ。

笑いはすごいんだから

笑いはすごい。

 

ちょっと人とギクシャクしたときに、ぽろっとおかしなことを言うと、緊張の糸が切れたように柔らかい雰囲気になる。さっきまでのギスギスした感じがほどけて何ともいえない安心感に包まれる。笑いはすごい。

 

ちょっと気分が落ち込んだときでも、不安になってるときでも、緊張してるときでも、くすっと笑えることを言ったり、聞いたりすると、一気になごむ。こわばっていた顔がやわらかくなる。さっきまでのネガティブな気持ちがすーっとどこかへ引いていく。笑いはすごい。

 

実際にそんな経験をしてきた。ちょっと相手と険悪なムードになったとき、どうにかそんな状況を打破したくて、すこし冗談を言ったら、険悪なムードが消え去った。お互いおだやかな気分になってなごんだ。安心感に包まれた。笑いはすごい。

 

なんだか気分が落ち込み気味なとき、大好きなお笑いや水曜どうでしょうを見ると落ち着く。「ふふっ」と笑うだけで欝々とした気分をすこし忘れられる。しあわせな気分になれる。笑いはすごい。

 

お笑いという文化が好きだし、自分が笑うことも好きだし、人を笑わせることも好きだ。笑いはすごい、ということを僕は知っている。笑いに救われてきた。笑いには安心感がある。笑いのおかげで人生って案外いいもんだなと思うこともある。

 

笑う気力がないほど落ち込んでいるときもある。そんなときに笑おうとするのはむしろ疲れる。けどちょっとでも笑う元気があるなら、笑いたい。爆笑じゃなくてもいい、「ふふっ」と吹き出す程度でもいい、口元がにやけるだけでもいい。それだけで元気になれる。だって笑いはすごいんだから。