生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

できることからやる

ひさしぶりに落ちこんでいた。あまりよくない状態だった。答えを見つけようと、ネットで検索しはじめたときは、だいぶ迷走しはじめているサインだ。やらなきゃと思っているのに全然動けない、いつまでもだらだらするだけで行動に移せない。自己嫌悪が重しに…

今でもふとした瞬間に自分のことが嫌いになる

おかげさまで基本的に元気よく生きているのだけど、週に1回くらい落ち込む時間がある。仕事しているときは自分のことを考えてる時間がないので、自分の性格がどうとか考えなくてすむのだけど、休日にふと「やっぱりダメ人間だああああ」と落ち込んだりする。…

生きているほうがいいに決まってる

ぼくは数年前、もう生きていたくないと思っていた。「死にたい」という自殺願望ではなかった。「生きていたくない」と自分の人生を強く否定していた。自分が大嫌いで、壊したかった。だれか別のひとになりたかった。いまの自分のまま生きているのはいやだっ…

人と接するときのマイナスとプラスの話

僕はひとと接するとき、なるべく「害を与えないようにしよう」と思っている。相手が嫌がることをしない、傷つくことを言わない、不快にさせない。ただ自分が嫌われたくないがためにそうしているだけなのだけど、そのおかげでいつも波風の立たない人間関係を…

ひとは変われるのか

いまでこそ元気になった僕だけど、ちょっとまえまでは自分のことが大嫌いだった。激しく自己嫌悪して、毎日つらかった。なんでこんなにクズなのか、どうしたら普通になれるのか、どうしたら性格を変えられるのか。毎日考えていた。 あれからなんやかんやあっ…

生きづらさから抜け出すためのヒント

パワプロという野球ゲームがある。 あのゲームではひとりひとりの選手に能力値が設定されている。たとえば、横浜DeNAの筒香選手の能力は以下のように設定されている。(まちがっているかもしれない) ミート:B パワー:A 走力 :D 肩力 :D 守備力:D 捕球 …

【結果発表】病気でも障害でもない生きづらさ

先週からはじめたアンケートの結果が出た。全部で55件の回答が集まった。回答してくださった方々ありがとうございました。 さっそく結果を公開。どどん。 自由に記述していただいた「その他」の回答はこちら。 身体醜形症 周り人間が、言葉のきつい人ばかり…

【アンケート】みんなの生きづらさを教えてください

ふと思いついたのでアンケートをさせてください。 このブログを見ているということはなにかしらの生きづらさを感じていたり、ぼくが感じていた生きづらさに共感をしてくれたのだと思うのだけど、そんなあなたの生きづらさはどんなものですか? 下にアンケー…

低空飛行

最近、どうも調子がよくない。身体的にも、精神的にも、低空飛行が続いている。すごく調子が悪くてまいっているという感じでもないのだけど、なんとなく沈みがちというか、しんどいというか。毎日なんとか調子をあげようと試行錯誤しているのだけど、なかな…

生きづらさを克服できたのかな

以前感じていたような生きづらさを感じなくなった。自己嫌悪しなくなって、鬱っぽさもなくなった。悩む時間が減って、思考が前向きになった。自分にできることと、できないことを把握するようになった。人と自分を比べることの無意味さに気づいた。 まさか自…

そういうもんだ

数学が苦手だった。なんでそうなるのか理屈がわからなくて。友だちや先生に聞いても、「そういうもんだから」とか「そういうもんだって思っておいて」なんて、全然腑に落ちない返答をされた。 数学ができる人は理屈うんぬんは置いておいて、とりあえず公式と…

笑いはすごいんだから

笑いはすごい。 ちょっと人とギクシャクしたときに、ぽろっとおかしなことを言うと、緊張の糸が切れたように柔らかい雰囲気になる。さっきまでのギスギスした感じがほどけて何ともいえない安心感に包まれる。笑いはすごい。 ちょっと気分が落ち込んだときで…

聖人君子になろうとしない

僕の目には身のまわりの人が聖人君子に見えることがあるのです。やさしくて、思いやりがあって、楽しくて、おもしろくて、大人っぽくて、自立してて、自制心があって、人当たりがよくて、努力ができて、センスがよくて、要領がよくて、器用で。なんであの人…

己の妄想を信用しない

普段からよく妄想をしていまして。よく妄想をしていると言うと、なんだかよからぬことを考えているように思われるかもしれませんがね、そんなことばかりを妄想しているわけでもなく。たとえば誰かと会話をしている妄想だったり、こないだはじめたひとりラジ…

生きるのが楽になるほど価値観を変えた本4選

先日、12回目の石の裏のダンゴムシの会をやってきた。そのときに参加していたある男性が「ぜひおすすめの本があるのでブログで紹介してほしい」と。なんでもその方が、読んで価値観が変わって、だいぶ生きるのが楽になった本だという。僕自身は読んでいない…

生きづらいときこそ大事なこと

北海道発のバラエティ番組『水曜どうでしょう』のディレクター陣が書いた本、『腹を割って話した』を読んだ。どうでしょうを知っている人ならご存知だと思うが、ただのディレクターであるはずなのに、もはや出演者の一人として欠かせないキャラクターになっ…

人のことを好きになりたいのにもどかしい

人のことは基本的に好きだ、たぶん。けど、いかんせん僕は臆病だ。すぐに「嫌われてしまうんじゃないか」って不安になってしまう。だから目の前の人を手放しで好きになれなかったりすることがある。言葉を選ばずに言ってしまえば、目の前の人は僕のことを嫌…

ダメ人間がはじめて失恋したときの話

前回の続きです。今回は僕がはじめて失恋したときの話です。 *前回の記事はこちら 失恋と大学受験が僕の生きづらさを生んだ 僕は高校2年生のときにはじめて彼女ができました。その彼女とはおよそ2年間付き合いましたが、最後は僕がフラれてしまいました。な…

失恋と大学受験が僕の生きづらさを生んだ

いま思えば、失恋と大学受験の2つが僕の生きづらさを生みだしたのかもしれません。ちょっと簡単にその2つを振りかえってみます。時系列でいうと、まず大学受験が先なので、そちらから。 僕は塾にいかずに、独学で大学受験することにしました。周囲はほとん…

そういえば1年前から父親と別居しています

去年のちょうど今ごろから、父親と別居しています。いまは母親と2人の弟と4人で暮らしています。べつに隠していたわけではないんですが、あんまり家族のことをオープンに語るのもどうかな、と思っていたのでブログには書いてませんでしたが、べつにいいかな…

ネガティブな言葉を自分にかけない

昨日書いたブログはすこしだけネガティブな内容だった。他人より優れていたい、他人とはちがう生き方をしたい、と思ってしまう自分はダメだ、というような感じのことを書いた。書いたあと、昨日はいつもよりもネガティブな気分になってしまった。だから、た…

人とはちがう生き方をしたい

人よりも優れていたい、優位に立っていたい。そういうプライドがむだに高い。天邪鬼でひねくれているので、昔からみんながよい、というものをよいとは思わずに、人とはちがうものをよいと言ってきたりしている。 場合によっては、みんなと足並みそろえておい…

親に愛されなかったのなら、自分で愛するしかない

僕はつい最近まで、自分のことが大嫌いで、自尊心が欠如しまくっていた。ちょっとしたことで、すぐ自分を責めて、自分はなんでこんなダメなやつなんだ、と思っていた。けど、最近はそこそこ自分のことが好きだし、けっこう自分自身も人生も受け入れられてい…

なぜ日本人は自己主張しないのか

ある本を読んでいたら、なぜ日本人が自己主張しないのか、とてもよくわかる説明が書いてあった。そして、西洋人がどんどん自己主張する理由もわかった。 日本は昔、農耕民族だった。お米をつくって暮らしていくスタイル。お米をつくるのには、大勢で協力する…

自意識過剰がだんだん治ってきた

最近、自意識過剰がまえよりだいぶ治ってきてるな、と実感している。まえはほんと病的なレベルだったんだけど、最近は自分でも驚くくらい改善してきている。 たとえば、まえは街なかとか電車のなかでスマホを落としてしまったりしたら、ものすごく恥ずかしい…

生きているのか

ふとした瞬間に、「あー、俺生きてるのか...」と思うことがある。ここまで22年間、淡々と生きてきた。そして、きっとこれからも生きていく。1年後も、5年後も、10年後もたぶん生きている。その事実を唐突に実感して、なんだか気の遠くなるような気分になる。…

毒親とは真逆の人間になれ

毒親が期待するような人間にならなくていい。むしろ毒親とは真逆の人間になろう。 // 僕の母親は毒親だ。少なくとも僕にとっては毒である。そりゃもちろん、ここまで育ててくれたこと、家事や経済面で支えてくれてることは感謝しているけども、人として尊敬…

とある島に旅行してきて感じたこと

先日、とある島に旅行に行ってきた。東京から船で行ける距離の島。そこで感じたことをまとめておく。 生きづらさと人口規模は関係しているのかもしれない 島なので、東京に比べると人口が少ない。たしか8000人くらいしかいない。なので、街を歩いていても、…

母に僕のいいところを訊いてみた

興味本位で聞いてみた。この22年間を振り返ってみると、母親にあまり褒められたことがない。しかし悪いところはたくさん指摘されてきた。「どんくさい」「どうしようもない」とさんざん言われてきた。 そこで興味本位で母に聞いてみた。ついでに2人の弟た…

自分の人生を選ぶ

日々、いろんな選択を繰り返しながら生きているけど、その選択の多くは自分が「したい」か「したくないか」ではなくて、「合ってる」か「合ってないか」で決断しているような気がする。自分のために人生を生きているのではなくて、他人の期待に応えるために…