読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

生き方

自分の生き方が見つかりそうなんだけど、でもやっぱり迷子になる

僕の性格がどこまで異常なのか分からない。たんなる性格のレベルなのか、「障害」と診断されるほどのレベルなのか。 性格と障害は連続的であって、その区別は微妙なところ。こればっかりは自分で判断できない。プロの力に頼るしかない。そのプロであっても、…

頭を使って考えるのが苦手で、数学とか全然できない

生きていればいろんな問題にぶち当たる。誰だってなにか問題に直面したことがあるはずだ。 ひとはみんなそれぞれの方法で問題を解決していく。ひとによって解決するまでの時間は違うし、対処法もまったく異なる。それぞれの考え方で解決していく。 だけど、…

生活習慣を見直すことで、身体の健康だけでなく心の健康も取り戻す

昨日、いつも僕は自分の内面にばかり関心を向けているから、たまには外に目を向けてみるという話をした。(自分の内面ばかり見つめていないで、もっと楽しいことやおもしろいことに目を向けたい) 実際に今日、自宅と大学を往復する際、いつもとは違うところ…

自分の内面ばかり見つめていないで、もっと楽しいことやおもしろいことに目を向けたい

自分のことが嫌いになって、この性格について悩みはじめたのがおよそ3年前。 それから来る日も来る日も、自分の性格や内面について考えてきた。寝ても覚めても、自分のことについて悩み、もがいてきた。 いろんな本を読んだり、映画を見たり、ネットで性格を…

僕たちは生きるために働くの?働くために生きるの?

ある疑問がある。 僕たちは 「生きるために働くのか」 それとも 「働くために生きるのか」 人生での最優先事項って、もちろん「生きること」だと思うんだ。 でも、この社会では自分の生活を犠牲にしてでも「働かなくちゃいけないとき」があるらしいんだ。 体…

家入一真さんが言っていた「脳内自分実況」をやってみたら、自分を愛する感覚が味わえた

家入一真さんという人がいる。元ひきこもりの起業家だ。今年はじめの都知事選に出馬したことで家入さんを知った人もいるんじゃないかと思う。 「元ひきこもり」だったのに「起業家」という異色の経歴を持つことから、この人に興味を持ち始めた。家入さんが書…

もっと好奇心に忠実に生きていいんじゃない?(テレビで落合陽一を見て)

誰もが持っているはずの“好奇心”。「なんかおもしろそう!」「これってどうなってるんだろう?」「もっと知りたい!」そんな風に好奇心が芽生えることは誰にでもあると思う。 ついさっき、ふと思った。 もっと好奇心に忠実に生きたら、人生ってすごくおもし…

スマホ依存のせいで眼精疲労に、スマホ離れを実践している

とある事情で、いつも使っているiPhone5を初期化して、工場出荷状態に戻した。 それによって、ほぼすべてのデータがリセットされた。 写真はさすがに消去したくはなかったので、すべてパソコンに移して保管した。連絡帳もicloudと共有していたので事なきを得…

最適化社会の中であえて、のんびり生きていこう

精神科医・香山リカさんの『私はのんびり生きてきた。最適化社会が不幸を生む』を読んだ。 私はのんびり生きてきた。 作者: 香山リカ 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2011/04/27 メディア: 単行本 クリック: 3回 この商品を含むブログ (4件) を見る 香山リ…

社会的な動物である以上、人は自由に生きることはできない

最近、なんとなく考えていることがある。 「そもそも自分以外の人間が存在している時点で、自由に生きるって無理なんじゃないか」と。 僕はよく自由に生きれたらいいなあ、なんてぼんやり考えている。同じことを考えている人も少なくないと思う。

会話が続かないから相手への質問の仕方を見直してみた

会話を続けるのがむずかしい。それがコミュ障の大きな悩みのひとつ。 会話、コミュニケーションとは言葉のキャッチボール。相手が投げてきた言葉をしっかり受け取り、自分の手で投げ返す。その繰り返しがコミュニケーションというものだ。 しかし、僕がボー…

考えすぎるな。今すぐやれ!堀江貴文さんの考え方から学べること

【村口和孝氏×堀江貴文氏×堀潤氏の人生相談】“みんな考えすぎ。まずやれ!”ホリエモン節炸裂 - リクナビNEXTジャーナル これを読んだ。 先日、有明で『起業家スーパーキャリアカンファレンス』というイベントが行われたそうで。そこで登壇された村口和孝氏・…

とにかくシンプルに生きたいと思う僕はミニマリスト?

ミニマリストという言葉を知っているだろうか? 正しい日本語訳は分からないが、その言葉の意味としては「最小限のものだけで生きる人」という感じになるらしい。 今の世の中はいろんなもので溢れている。家の中を見渡せば、たくさんの物がある。家電や生活…

就職しない生き方もある!働き方の選択肢が広がる良記事!

最近、「働き方」について考えることが多くなっている。 大学生の僕にとって、働くことは他人事ではなくなっているわけで、「どんな仕事をするのか」「どんなスタイルで働くのか」は重要な問題となっている。 一般的には、企業に就職するという働き方が規定…

「社会は甘くない」という言葉のせいで社会が楽しそうに見えない

「社会は厳しいんだぞ」 「社会はそんなに甘くない」 よく学校の先生や親からこんなセリフを聞かされてきた。 「社会に出たら誰も助けてくれないし、自分で何とか生きていかなきゃいけないんだ」 「いつまでも誰かに頼っていたら、社会で生きていけないぞ」 …

バイト先で出会った金髪イケメンの生き方がかっこいい

今日、派遣バイトに行ってきた。今回は某有名物流会社で事務所移転の仕事をしてきた。 今日は結構人手が必要だったみたいで、見たところ僕と同世代の8人の若者たちと一緒だった。彼らと一日同じ現場で作業をした。その中には金髪イケメンや中国人(?)がい…

人生を絵を描くことに例えてみた。どんな絵を描くかなんて自由に決まってる。

人生は絵を描くことと同じだと思う。 生まれたばかりの赤ちゃんに一枚の大きな画用紙が与えられる。この世に生まれた赤ちゃん全員がその画用紙をもらえる。その画用紙こそが命だからだ。 人はその画用紙に絵を描く。いろんな色を使って、いろんな種類のペン…

人生は複雑なものだと思い込んでませんか

私たちが生きる世界に、人間はいろんなものを作り出しました。パソコンやケータイ電話・車や飛行機などの科学が生み出した産物はもちろん、社会という抽象的なシステムまで人間は作り出しました。国や政治・経済・教育など私たちが生きる世界には、さまざま…

© 2014 enpitsu