読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

親は自分の子どもだって他人だ、という事実を忘れてはいけない

親子といえども、自分の子どもだって自分とは違う他人だ。いくら生まれたときから一緒にいて、血のつながりがあるといえども、自分とは違う1人の人間だ。そのことを子どもを持つ親は忘れてはいけないと思う。 よく子どもを連れている親御さんがお子さんに対…

現代人の心は原始時代の環境に適応したまま

大学の講義でおもしろい話を聞いた。 単刀直入にいうと、「現代人の心は、旧石器時代の環境に適応している」のだそうだ。これはジョン・ボウルビィという発達心理学者、精神科医が言った、進化的適応環境という説らしい。 旧石器時代の環境とはどんな環境な…

あなただって「直観」でものごとを判断してるんですよ?

感情的な人と、理性的な人っているじゃないですか。思ったこと、感じたことをそのままストレートに表現する人と、いったん冷静に頭で考えて論理的に表現する人。人間にはこの2タイプの人がいて、それが個性だったり、性格の一部みたいに捉えたりしますよね。

「おだてる」という行為は、ただの傷のなめ合いですよね?

他人、とくに目上の人をおだてるのが当たり前、みたいな風潮がある日本ってけっこうヤバイと思う。海外でもそういう文化があるのかよく分からないけど、少なくとも日本では「おだてる」っていうのは、結構重要なコミュニケーションになっていたりする。

「出る杭は打たれる」はいつになれば終わるのか

出る杭は打たれる 1 才能・手腕があってぬきんでている人は、とかく人から憎まれる。 2 さし出たことをする者は、人から非難され、制裁を受ける。 コトバンクより引用 出る杭は打たれる(デルクイハウタレル)とは - コトバンク

話が分かりやすい人は、みんな脳内の片づけが上手い

話が分かりやすい人っている。頭脳明晰で、なんでも分かりやすく噛み砕いて話すことができる人。そういう人の話は、違和感なくすーっと頭に入ってくる。面白いくらい理解できるから、どんどん聞きたくなる。話が分かりやすいというのは魅力的な能力だ。 僕は…

心はいったいどこにあるのか、という問いの答え

心はいったいどこにあるのか。 心は胸のあたりにある。心は目には見えないなにかだ。心とは神秘的な存在だ。心は頭のなかにある。などなど、さまざまな考え方がある。 心はどこにあるのか、心とはいったいなんなのか、という問いは今もなお多くの学者によっ…

ニンゲンはセカイをコトバで捉えている

人間ほど言葉をうまく操る生き物はいない。人間はこの世のあらゆる存在に名前を付け、分類している。目に見えるものは当然だが、目に見えないモノゴトにすら名前が付いている。 あれは雲だ。 あれは車だ。 あそこにあるのは木だ。 看板が見える。 太陽が照っ…

「決めるのは自分だ」という強い意識が人を自由にする

人から強制されたり、強要されたり、無理強いされたとき、誰だって不自由に感じるはず。そのことを分かっているからこそ、自分は相手の意思を尊重してあげようなんて思ったりする。でも、それじゃあ自分自身の主張を相手にぶつけられない。

仕事行きたくないって思ってしまう自分を責めるくらいなら

昨日、勉強嫌いな人が嫌いなのは、あくまで学校の勉強であって、学ぶこと自体は好きなはずだよ、ということを書いた。今日はその続き。これは、仕事についても同じことが言えるんじゃないかと思う。仕事に行きたくない、仕事したくない、って思っている人は…

勉強嫌いな学生は多いと思うけど、みんな学ぶこと自体は嫌いじゃないと思うんだ

勉強が好きじゃない、勉強が嫌いって人は少なくないと思う。僕だって、学校が休みになったり、課題が減ったりすると嬉しい。勉強が嫌いで、なかなか学校の成績が良くないことを気にしている人もいると思う。自分では自覚していなくても、無意識のうちに、自…

僕たちは生きるために働くの?働くために生きるの?

ある疑問がある。 僕たちは 「生きるために働くのか」 それとも 「働くために生きるのか」 人生での最優先事項って、もちろん「生きること」だと思うんだ。 でも、この社会では自分の生活を犠牲にしてでも「働かなくちゃいけないとき」があるらしいんだ。 体…

もっと好奇心に忠実に生きていいんじゃない?(テレビで落合陽一を見て)

誰もが持っているはずの“好奇心”。「なんかおもしろそう!」「これってどうなってるんだろう?」「もっと知りたい!」そんな風に好奇心が芽生えることは誰にでもあると思う。 ついさっき、ふと思った。 もっと好奇心に忠実に生きたら、人生ってすごくおもし…

学校ではマジメな生徒が成功する、社会では賢い人が成功する

学校ではマジメな生徒が成功する。 社会では賢い大人が成功する。 学校ってのは、基本的におとなしく勉強していれば良い成績が付く。成績が良い生徒は優秀な生徒として扱われる。進学のときも有利になるし、クラスメイトからも「勉強ができるやつ」として一…

社会的な動物である以上、人は自由に生きることはできない

最近、なんとなく考えていることがある。 「そもそも自分以外の人間が存在している時点で、自由に生きるって無理なんじゃないか」と。 僕はよく自由に生きれたらいいなあ、なんてぼんやり考えている。同じことを考えている人も少なくないと思う。

日本人はとにかく「変な人」に厳しい

日本人はとにかく「変な人」に厳しいと思う。 人はそれぞれ身体の形から頭の中身までみんな違う。誰ひとりとして自分と同じ人間は存在しないし、それが個性というものだ。みんな違ってみんないい。 しかし、世の中には自分の価値観の中では理解できない人や…

日本の教育は学生に「お金=幸福」という方程式を教えている

子供の「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」という問いかけに大人はどう答えれば良いのだろうか - 心がよろけそうなときに読むポンコツ日記 この記事を読んだことがきっかけで、すごく素朴な疑問が湧きあがってきた。 「教育ってなにを目標としているの?」

お金に余裕があると心にも余裕が出てくるみたい

派遣バイトを始めてから、ひしひしと思う。精神的な余裕と、経済的な余裕は比例するんじゃないか、と。 コミュ障で、対人恐怖・社交不安の疑いがある僕にとって、アルバイトというものはかなりハードルの高い世界だった。周りの友達がどんどんバイトを始める…

この世に真実なんてないという哲学的な話

この世に真実なんてないと思う。 何も悲観的に世の中を見ているわけじゃない。 この世には真実や正しいことなんて何ひとつない。 以前にも似たようなことを 空に浮かぶ白いあれは、ほんとに雲なのか?哲学っぽく考えてみたで書いた。 この記事では、「この世…

コミュ障がコミュニケーションについて考えてみた

コミュニケーション能力の鍛え方を教えて欲しい この記事を読んだ。この記事がきっかけで、はてなでコミュニケーションについての話題が盛り上がってるみたいだ。じゃあ、コミュ障の僕もコミュニケーションについて語ってみようかな!

オタクは好きなことをして生きる才能があるのかも

好きなことをして生きることができたなら、こんなに幸せなことはないだろう。 だが、現実として好きなことに熱中して生きている人はごく一部の人間に限られている。 日本社会には、いい大人になってまでも、自分の好きなことに時間を注ぐのはあまり好ましい…

「良い人=自分にとって都合の良い人」である

「良い人」というのは、 厳密に言えば「自分にとって都合の良い人」だと思う。 自分が何かを欲していて、その何かを持っている他人がそれを自分に与えてくれたとき、人はその他人を「良い人」だと認定する。 道に迷っているAさんに、たまたま通りがかったBさ…

「社会は甘くない」という言葉のせいで社会が楽しそうに見えない

「社会は厳しいんだぞ」 「社会はそんなに甘くない」 よく学校の先生や親からこんなセリフを聞かされてきた。 「社会に出たら誰も助けてくれないし、自分で何とか生きていかなきゃいけないんだ」 「いつまでも誰かに頼っていたら、社会で生きていけないぞ」 …

日本人は素直に社会に従いすぎていると思う

社会を変えるのはむずかしい。 この社会には「おかしいこと」がいっぱいある。 よくよく考えてみれば「なぜだろう?」という不思議な常識や暗黙のルールがたくさんある。 その社会の常識や暗黙のルールの中で生きるのはとても苦しい。 どうにも違和感があっ…

なぜ社会は個性を無視するのか?俺は俺なのに!

無職になり改めて感じる「社会人」という言葉の曖昧さ - ぐるりみち。 こちらの記事を読んだ。こちらに直接コメントさせていただいたのだが、ここでもう少し僕の考えを細かく書こうと思う。 僕たちはよく、いろんな「身分」を表す言葉で括られる。学校に通っ…

ありのままの自分を受け入れることはキケンを伴う

「アナと雪の女王」の Let It Go~ありのままで~を一日一回はどこかで耳にしますね。僕は無意識に口ずさんでることもある。 「自分を隠すことなくそのままの自分で、ありのままの自分でいようよ」というメッセージが込められたこの曲。とても良い歌だと思う…

教師の話を聞くだけの学びは人間らしくない

「学ぶ」とは何だろうか? 何かを学ぶことってどういうことだろう?何を達成したら学んだことになるのだろう? 僕たちは小さいころから学校で学ぶという行為を続けてきた。小学校から学ぶということを始め、人によっては大学、あるいはその先の大学院までそ…

僕が半年間、派遣バイトを続けて学んだ3つのこと

去年の12月から派遣バイトをしています。 派遣会社に登録をして、いろんな単発・短期のお仕事を紹介してもらい、都合が良ければ仕事をいただくという形のバイトです。 自分の都合が良い日を選んで働くことができて、申請すれば遅くとも1週間以内には給料がも…

人材という言葉が嫌い

「人材」という言葉がある。社会に貢献できる有能な人のことを指すらしい。 最近はよくテレビやネットでもこの言葉が使われている。「グローバル社会に対応できる人材が求められている」だとか、「これからの時代を担う人材育成」といった具合にだ。 社会の…

空に浮かぶ白いあれは、ほんとに雲なのか?哲学っぽく考えてみた。

「あの空に浮かんでいる白いものは雲である」 これに誰か異論を唱える人いますか?笑。おそらくいないでしょう。なんかすごい気象のことに詳しい方で、「いやあれは積乱雲という正式名称がある!」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、そういうのはおいと…

なぜ毒舌タレントが人気なのか

最近、毒舌タレントって人気ですよね。今、特に注目されている毒舌タレントと言えば有吉弘行・坂上忍・ヒロミの3人ではないでしょうか。とくに有吉さん・坂上忍さんの2人は最近では毎日のようにテレビで見かけます。今のテレビの中心的なタレントとも言える…

自己主張を許さない国民性が“生きづらさ”を生んでいる!?

みなさんは普段から自分の意見を主張していますか?自分の考えや価値観・感性をありのままに表現していますか?今日は日本人の「自己主張」についての話をします。 日本人は自己主張が苦手な印象があります。自分の意見や考えを言うというよりは相手のことを…

”生きづらい”の原因は自分か?社会か?

“生きづらさ”は多様 “生きづらい”の原因ってどこにあるのでしょうか?何が“生きづらい”の原因なのでしょうか?何が私たちを“生きづらく”させるのでしょうか? おそらくその原因は数えきれないほどあります。少なくとも「これが“生きづらさ”の原因だ!」と、…

© 2014 enpitsu