読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

開設から今日で2ヶ月!生きづらさについて考えるこのブログのこれまでを振り返る

ブログ

f:id:enpitsu_megane:20140807174147j:plain

 

今日で、このブログを開設してからちょうど2ヶ月になる。

節目ということで、簡単にこれまでのことを振り返ってみたい。

 

 

当初は、もっと厳密に「生きづらい」という心の問題に焦点を当てたブログにするつもりだった。実際、開設以降の5記事目あたりまでは、かなり「生きづらさ」に言及した内容を書いた。 記事一覧 - 生きづらいふ

 

しかし、だんだんと書くジャンルの幅を広げたいと思うようになった。はてなブログにはいろんなブログがあり、いろんな人の価値観や考え方が述べられたおもしろいブログがたくさんある。そんなブログを見てまわるうちに、自分もこういう記事を書きたいなあ、と思うようになったのだ。

 

 

しかし、自分なりの考え方や価値観を言葉で表現し、WEB上に公開するのは勇気が必要だった。豆腐メンタルの僕にとっては、人から批判されることが何よりもコワイ。ちょっとでも否定的なことを言われるとへこんでしまう。自分の考えや価値観が人から批判を受けるんじゃないか、「なにいってんだこいつ」と言われるんじゃないか、と怖かった。

 

だが7月の中旬あたりに、あることに気づいた。自分はあまりに他者からの視線を気にしすぎていると。周りの目を気にすることなどない、書きたいことを書けばいいんだ。書くのは誰かへ届けるためではなく、自分の考え・価値観を自分のために整理するためだ、と。

 

そう思えたときから、自分の考えを書くことへの恐怖心が少しずつ薄れていった。書くことで頭の整理になることを実感できた。頭の中だけで悶々と思考しているだけだといまいち考えがまとまらないが、こうして文字にすることでより考えが深まるし、自分の価値観を強化することができる。文章を書くことが楽しくなった。

 

7月に入って、なるべく記事を毎日書くようにした。7月は18記事書いたので、実際には2日に1記事ペースだった。だが、先月は大学の試験期間だったことを考慮すると、結構がんばったのではないかと思う。いや、たんに勉強しなかっただけか笑。8月に入り、今は夏休みに入っているので、先月以上に更新できればと思っている。

 

このブログのアクセスに関しては、7月中旬あたりまではまったくアクセスがなかった。記事更新ペースが遅かったので当然だ。だが、なるべく毎日書くようになってから、そして自分の考え方を書くようになってからは、少しずつ少しずつアクセスが伸びてきた。日ごとにアクセスが増えていって、そのたびにうれしくなっていた。なるべく周りからの視線を気にしないとは言っても、やっぱり見てもらえるのはうれしいもんだ。

 

つい昨日は、アクセスがとんでもないことになった。もちろん、僕のなかでの話なので数字としてはかなりショボいが。おとといの夜に書いた、

オタクは好きなことをして生きる才能があるのかも - 生きづらいふ

という記事がかなりアクセスを集めた。昨日のアクセスは169。きっとかなりショボい数字なんだろうけど、このブログとしてはいつもの3~5倍のアクセスだったのだ。きっかけははてなブックマークの新着にエントリーしたからだ。みるみるうちにアクセスが増えたので、かなり動揺した。やはりはてブの力はすごい。

 

まだまだ弱小ブログだが、確実にアクセスは増えているし、読者登録も現時点で11人の方がしてくださっている。本当にありがたいし、いつもスターやはてブしてくださるだけで励みになっている。ほんとうにありがとうございます。

 

当初のテーマよりもかなり幅の広い記事を書くようにはなっているが、僕のなかで「生きづらい」というワードは依然、重要なものとなっている。自分の内面との戦いで、生きづらさを感じている人はたくさんいる。それにこの現代社会にもその原因はあるはずだと思う。この複雑で鬱々とした日本社会でいかに生きていくのか、生きづらさとどう向き合っていくのか、僕はこのブログを通して、これらの課題を紐といていこうと思っている。

 

そして、今まさに生きづらさを抱え、動けなくなっている人たちに何かプラスのメッセージを与えるようなブログでありたい。たいしたメッセージは与えられないかもしれないが、なにかを与えたい。「あ、こういう考え方もあるんだ」とか「自分もこういう風に思ってた。自分の考えてたことは間違ってなかったんだ」とか、そんな風に思ってもらえることができたら、この上なくうれしい。

 

 

生きづらい。人生は複雑すぎる。

どうしたらもっとシンプルに、気楽に、さわやかに生きることができるのだろうか。

そんなことを考え続けるブログ、生きづらいふを今後ともよろしくお願いします!

© 2014 enpitsu