読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

悩み事があったから、自分自身に相談してみた

相談者(えんぴつメガネ):こんにちは。えんぴつメガネといいます。今日はえんぴつメガネさんに相談をしたくてやってきました。よろしくお願いします。

 

回答者(えんぴつメガネ):どうもどうも。こんにちは、えんぴつメガネさん。えんぴつメガネです。相談とはいったいどんな相談かな?なんでも気軽に相談してください。

 

相談者:はい、じつは最近、一人暮らしを始める決意をしたんです。それで、一人暮らしをするにあたって、基本的に両親からの援助は受けないつもりなんです。家賃や光熱費、食費などは自分で稼いで生活をしていくつもりでいます。

 

回答者:おお、それは感心ですね。とてもすばらしい決断だと思いますよ。

 

相談者:はい、がんばるつもりです。ですが、その生活費をどうやって稼ごうかというのが問題なんです。

 

回答者:アルバイトはしてないんですか?

 

相談者:一応、登録制の派遣バイトを月に数回やっています。その収入が多いときで4万円ほどです。一人暮らしは月10万円でやっていくつもりなので、とても今のバイトじゃやっていけません。それに派遣だと安定した収入を得ることはできません。

 

回答者:そうですか、それでは別のアルバイトを始めてみては?

 

相談者:はい、ちょうど先日、アルバイトに応募して来週に面接をしてもらうことになりました。もしそれが決まれば、だいたい月に5万円ちょっとは安定して収入が入るはずです。

 

回答者:すごいじゃないですか!応募するのは緊張したでしょう?

 

相談者:そうですね、いろんなアルバイトの求人を見ていて、うまくやっていけるか不安になって逃げ出したい気持ちになりました。でも、「一人暮らしをする」という決断からは逃げたくなかったので、応募することにしました。それに、彼女に背中を押してもらったのも助かりました。

 

回答者:すばらしいです。”一人暮らしをするという決断からは逃げたくなかった”

その気持ちを忘れないでいてほしいですね。

 

 

相談者:はい、ありがとうございます。来週の面接で採用してもらえるようがんばりたいと思います。それで本題なのですが、問題はこのアルバイトが決まったとしても、5万円ちょっとしか収入が確保できないことなんです。月10万円にはあと4万円ちょっとが必要なんです。

 

回答者:なるほどね。もうひとつアルバイトを掛け持ちするというのはどうだい?安定した収入をもっとも確実に得られるのはやっぱりアルバイトだからね。

 

相談者:はい、今はそれを考えているのですが、できることなら週に5日も6日もアルバイトしたくないと思ってしまうんです。なんとかもう少し自由な時間を確保しながらお金を稼ぐ方法はないのか、と思ってしまうんです。

 

回答者:それは誰もが思うことだよね(笑)実際、学生のうちに月10万円を稼ぐのって結構大変なことだしね。そういう風に考えてしまうのも仕方がないね。なにかえんぴつメガネさんは策を考えているのかい?

 

相談者:とても甘い考えだとは思うのですが、僕のブログを収入源にできないかな、と思ったりもしています。5000円~2万円程度なら実現不可能ではないのかも、と思っているので・・・。そう甘くないことは分かっていますが・・・

 

 回答者:ブログねえ。今はブログだけで生活している人もいるくらいだからねえ。憧れちゃうのも分かるよ。だけど、とても現実的とはいえないね。今すぐに収益が出るものでもないし。ただ、お小遣い程度に収益を出すのはいいかもしれないね。少しは生活費の足しになるかもしれない。

 

相談者:やっぱりそうですか。ブログ収益は月10万円+αとして考えた方がよさそうですね。では、僕はいったいどうやって残りの4万円ちょっとを稼いだらいいのでしょう?

 

回答者:やっぱり現実的な路線で考えると、アルバイトしか思いつかないよね。もしくは多少は妥協して両親から援助を受け取るか。4万円程度なら両親も出してくれるんじゃないか?

 

相談者:いや、それはイヤです。実際に一人暮らしを始めてみて、「さすがにこれはキツイ」となったら親からの援助も考えますけど、今は自分で稼いで生活してみたいんです。

 

回答者:そうか、君の決意は固いようだね。立派だと思うよ。それじゃあ、選択肢はアルバイトの掛け持ちに絞られるね。それが一番確実で手っ取り早い。

 

相談者:そうですね。はじめての一人暮らしですから、現実的な方法で確実に収入を得たほうがいいですもんね。とりあえず、今は面接が決まっているアルバイトに集中して、そっちが一段落したら掛け持ちも探してみます。

 

回答者:うん、そうだね。ただでさえ、きちんとしたアルバイトをするのは初めてなんだから、掛け持ちなんて精神的負担が大きいよね。ゆっくり自分のペースでやったらいいと思うよ。

 

相談者:はい、そうします。なんでもかんでも一気にやろうとして、自分にプレッシャーをかけすぎる悪い癖があるので、あくまで無理はしないようにしたいと思います。

 

回答者:その方がいいね。なんでも完璧にやる必要はないから。まだ君は学生なんだから、助けはいくらでもある。ダメになりそうだったら、とことん甘えていいと思うよ。君はまだ何にもできない小僧なんだから。変に背伸びする必要はない。小僧は小僧らしく人に助けを求めてもいいんだ。

 

相談者:わかりました。少し気持ちが楽になりました。無理はしないように、ただ着実に前には進めるように頑張っていきたいと思います。今日はありがとうございました。

 

回答者:君の一人暮らしが成功するよう応援しているよ!

 

 

・・・思いつきで、今の僕の悩みを自分自身に相談してみた。

 

僕は自分を客観的に捉えるのが苦手で、悩んだときにはだいたい的外れな考え方をしている。だったら自分で自分に相談してみたら、ちょっとは客観的に自分の悩みを考えることができるんじゃないか?と考えたところから、思いつきでやってみた。

 

たいして良い解決策が出たわけでもなく、結局は「掛け持ちアルバイト」ということに落ち着いた。まあ結局それが一番手っ取り早くて確実だ。自分に相談してみた結果、現実的な選択をした方がいい、という結論に至った。

 

自分に人生相談。意外とおもしろいのかもしれない。少しは客観的に自分の問題を捉えることができるし、なにより自分に優しく語り掛けることができる。自分で自分に優しい言葉を掛けることには若干違和感があるが、いつも自己否定している分、こうやって自分をいたわってあげた方がいいのかもれない。

 

というわけで、自分自身に人生相談。みなさんも脳内でやってみては?

 

悩みのるつぼ〜朝日新聞社の人生相談より〜

悩みのるつぼ〜朝日新聞社の人生相談より〜

 

 

関連記事

© 2014 enpitsu