読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

2015年の抱負は「動」。つねにそよ風のように動き回る

新年一発目の投稿。あけましておめでとうございます。

 

前回の記事にまとめたとおり、2014年はこのブログを始めたことによって、停滞していた人生がゆっくりゆっくり始動していった年になった。生きづらさに苦しんでたけど、ブログはじめたらゆっくり人生が動き出した

 

そこで2015年はどんな年にしたいのか、とざっくり考えたのでここにまとめておく。

 

f:id:enpitsu_megane:20150103222019j:plain

 

去年は停滞していた人生にエンジンをかけた年だった。どん底まで落ちていた心がだんだんと暖まりはじめ、意識が外へ向きはじめた。将来の目標や野望などが芽生えはじめ、それに向けて中途半端ではあるものの、マイペースに前進していった。

 

2015年はより一層前進していきたい。やっとエンジンがかかった人生をもっと突っ走りたい。立ち止まっている時間を短くして、つねに動き回っているような年にしたい。

 

そういう想いを漢字一字で表すことにした。2015年の抱負はずばり「動」

 

「動」という漢字には以下のような意味があるらしい。(出典:新漢語林)

 

①うご-く

 ア.うつる。位置をかえる。ゆく

 イ.ゆれる。ゆれうごく 

 ウ.さわぐ。みだれる。

 エ.心がときめく。むなさわぎする。心にひびき感ずる。

 オ.おどろく。

 カ.かわる。

 キ.はたらく。おこなう。ふるまう。

 ク.おこる。はじまる。

 

最初に調べたときは、こんなにいっぱい意味あったんだと思った。それと同時に、今年の抱負を表すのにちょうどいい!とも思った。

 

僕は今年、一人暮らしを実現させる予定だから、アの「うつる。位置をかえる」はぴったり。また、今年は好奇心や欲求に正直に生きよう、わくわくすることをやろう、と思っているので、エの「心がときめく。心にひびき感ずる」っていうのもしっくりくる。

 

カの「かわる」もいい感じ。無理して自分を変えよう!とか、性格を変えよう、コミュ障克服しよう、とは思わないけど、つねに変化を求めていたいなとは思う。プロブロガー・イケダハヤトさんも言っていた。変化を楽しもう、って。「成長」ではなく「変化」こそが楽しい:2014年に学んだこと : まだ東京で消耗してるの?

 

キの「はたらく」も、今年、大学4年になる僕には重大なテーマとなる。ちょうど僕の年から就活のスタートが遅くなり、4月から就活解禁となる。僕は群れるのが嫌いなので、就活に対してネガティブな姿勢でいる。「じゃあ、どうすんの?」って、人に突っ込まれたときにしっかりと返答できるようにするのが今年の目標。

 

今年は卒論あり、就活あり、と今後の進路に関わる大きなイベントが多い。今年1年、なにをするのか、どう過ごすのかはかなり重要だと思っている。それだけでなく、一人暮らしの計画もある。勉強だけでなく、稼ぐことも考えなくてはならない。

 

2015年は、やることが山ほどある。そういう意味では、クの「おこる。はじまる。」は、2015年という年をもっともよく表しているのかもしれない。いろいろなことが起きて、始まる。2015年はそういう年にしたい。

 

2015年の抱負は「動」。だが、つねに全速力で動き回るというわけでもない。松岡修造のように、いつも全力で闘う。そんなバトルタイプな生き方はしたくない。僕はあくまでも、つねにそよ風のように動き回っていたい。

 

突風ではなく、そよ風。決して力強く吹く風ではないけど、立ち止まりもしない。つねにそよそよと前へ進んでいく。そんな風に今年1年を過ごしていきたい。無理はしない。怠けもしない。好奇心を大事に、そよそよと動き回りたい。

 

そんなわけで、今年は去年よりいろんな方向へ動き回っていきたいと思う。そんな日々をこのブログで綴っていければなと思う。このブログも僕の人生の重要な要素となっているし。

 

ということで、2015年も生きづらいふをよろしくお願いします!

© 2014 enpitsu