読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

久しぶりに行く派遣バイトが怖すぎる

生きづらさ
2月4日に、一人暮らしを始めてから、まだ一度も派遣バイトに行っていない。


一人暮らしが始まった最初の一週は、いろいろと買い物をしたり、片付けをしたりと、バタバタしていた。


それに、もともと入っていた予定もあり、なかなか忙しかった。だから、派遣バイトに行けなかった。


というのは、半分言い訳で。実際のところは、バイトが怖くて行かなかっただけなのだ。


なんとなく、バイトに行くのが怖くて不安で逃げていた。内心、焦りを感じて「行かないと、行かないと」と自分にプレッシャーを与えつつも、そのまま日々が過ぎていた。


だけど、そろそろ本当にバイトしないとヤバくなってきた。だから、今日、派遣に連絡した。そして、明日のバイトが決まった。


めでたく明日、派遣バイトとして引越し作業をすることになった。引越しバイト自体は初めてではないが、かなり久しぶりだ。


バイトが決まったのは、今日の午前中なのだが、その瞬間から今まで、不安と恐怖でいっぱいになっている。


理由は3つあって、1つは、前回のバイトから少し間が空いていること。2つめは、明日、行く派遣先が初めて行くところであること。そして、3つめは、明日のバイトは引越しという体育会系な現場であること。


これら3つの理由があって、いつにも増して不安が高まっている。おかげで今日はずっと、心がどんより沈んでいる。なるべく楽しいことをしようと思って、好きなドラマを見たり、ネットサーフィンで気を紛らわしたりしている。


だが、今、僕が感じている不安はとても曖昧で漠然としたもので、よくよく考えれば僕が何に怯えているのか、自分でもよく分からない。


それに、今までの経験から、バイトなど行ってしまえば、それなりになんとかなることも分かっている。今までもいろんなところへ派遣バイトに行ったが、大抵なんとかなってきたのだから。


だから、あまり悲観し過ぎてもしょうがない。明日に向けて、淡々と準備を整えるだけだ。


明日、僕がやるべきなのは、指示された作業をテキパキとこなすことであり、それさえ確実にこなせれば何の問題もない。


不安でいっぱいになって、心に余裕がなくなると、ミスしやすくなってしまう。だから、こういうときこそ焦りは禁物。落ち着いて、冷静に、淡々と、やるべきことをこなすだけ。負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと。それが一番大事。


さあ、明日のために弁当を使って、さっさと寝よう。

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本

© 2014 enpitsu