読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

バイトは行くまでが怖いだけで、行ってしまえばなんとかなる

働き方 生きづらさ
久しぶりに派遣バイトに行ってきた。


結論から言うと、昨日の不安や心配は、まったくの杞憂だった。


今日やったのは、引っ越しのバイトだった。今まで、事務所移転などのバイトはやったことがあるが、引越しははじめてだった。


だから、僕は少し緊張していた。引越しのバイトというと、作業がしんどくて、上司も怖い、というイメージがある。


そのイメージが先行して、とても不安に思っていたのだ。しかし、実際にはそんなことはまったくなかった。


現場に行くと、かなり年配の方1人と若いお兄さん2人が、すでに作業を始めていた。


基本的には、お兄さん2人がおもに作業を進め、僕ともうひとりの派遣さんがその補助をし、そして、年配の方がトラックへの詰め込みをする、という役回りだった。


僕と同じくもうひとりの派遣さんも、引越しバイトは始めてだったらしく、僕たちは勝手がよく分からず、お兄さんたちの指示を受けつつ、たどたどしく作業を行った。


重い家電製品などは、お兄さんたちが運び、僕たちは比較的、軽い荷物を運んだ。


僕たちの作業は、初心者である分、手際は良くなかっただろうと思う。しかし、それは仕方のないこと。はじめてなのに、手際よくできる方がおかしい。


だから、僕はせめて作業の足手まといにならないように努めた。指示されていないことはしないようにし、冷静に必要な作業をすることに徹した。


結果、引越し作業はかなり早く(?)終了し、予定よりも早く帰ることができた。


今日、接した人びとは、誰もかれもとても優しい人たちばかりだった。


僕は昨日、あんなにも不安を感じる必要はなかった。


昨日の僕がいったい、何にそんなに怯えていたのか、自分でもよく分からないが、とにかく昨日の不安はまったくの杞憂だった。


昨日、自分でも言っていたように、バイトなど行ってしまえばなんとかなるもので、行くまでが怖いだけなのだ。


とにかく、とてつもない不安を乗り越え、無事に作業を終了した自分を褒めてあげて、今日はゆっくり休みたい。

© 2014 enpitsu