読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

真人間になるか?クズのままいくか?どうすりゃいい?

僕は真人間になる努力をすべきなのか?それともクズのままでもいいのか?

 

ぼくの借金85万円を父が全額返済してくれた話 - ミヤモ the Media

いい加減にしろよこのクズ野郎 - クソログ

誹謗中傷ともいえる批判記事に冷静に答えてみた! - ミヤモ the Media

クズがクズたる所以 - クソログ

 

僕はずっと真人間を目指していた。社会人になるためには真人間にならなければならない、と思っていたからだ。真人間とは一言でいえば、自立できている人。自分のことは自分でできる人。お金のこと、仕事のこと、将来のこと、生活のこと、家族のことをしっかり考え、管理できる人。そんな人にならなければ、と思っていた。

 

けど、1年ほど前。僕はネットの向うにはいろんな生き方をしている人がいることを知った。僕のなかの「大人はこうでなければならない」という思い込みをぶこちわす生き方をしている非常識な人たちがいた。すごくおもしろくて魅力的だった。

 

家入一真さんとか、岡田斗司夫さんといった有名人から、イケダハヤトさんや坂爪圭吾さんなどといった有名ブロガーの存在を知って、僕はすごく勇気づけられたし、人生に希望が持てた。

 

普通とは違う生き方、非常識な生き方をしている人たちを見て、「僕、このままでも大丈夫なんじゃないか?」と思った。クズでもいいじゃないか、自分を思いっきり肯定して開き直って生きていけばいいじゃないか、と思った。実際、ビジネスやブロガーに興味を持って、レールから外れた生き方をしようという考えもある。

 

 

でも。でも、やっぱり。真人間にならないと、という思いが心のどこかにある。ほんとにレールを外れて、アウトローに生きて大丈夫なのか?いつかどこかで本当に人生詰んでしまうんじゃないか?取り返しのつかない状況になってしまうんじゃないか?そんな風に思って不安になる。

 

子どもみたいな自分を受け入れて、開き直ってクズ全開で生きていくのか。

反省と改善を繰り返しながら、みんなと同じように自立を目指して生きていくのか。

 

前者は希望に溢れていて、魅力的だ。後者はより現実的で常識的だ。どっちがいいとか、悪いとかはないと思う。ただ、僕はどうしたいんだろう?って思う。左に真人間が立ち、「きちんとした人間にならないとダメだよ」と言っている。右に非常識な人が立ち、「クズでもいいんじゃん、自分をさらけだして明るく生きていこうよ」と言っている。そのあいだで僕はどうしていいかわからなくなっている。

 

わからないよ。

© 2014 enpitsu