読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

最近はニート的な生活をしています/近況と今後

8月3日に「生きづらいふ終了」宣言をしてから早1ヶ月。ブログをリニューアルさせようと思ってそんな宣言をしたのだけど、次はどんなブログにするのかまったく思いつかず、ただなんとなく告知やレポート記事だけ書いて、放置してしまっていた。

 

現段階でも今後どうしていきたいのか定まらず。このまま放置していてはブログ自体が腐っていきそうなので、とりあえず更新しようと思ってカタカタキーボードを打っている。

 

最近の僕はといえば、大学最後の夏休み真っ盛り。世間の大学4年生は就活にいそしむもの在り、卒論に取り掛かっているもの在り、のびのびと最後の長期休暇を過ごしているもの在り、といった感じだろうか。

 

僕は、就活はほぼ現状維持で、卒論はまったくの0。大学4年生としてやるべきことはほぼ進んでいない。こうやって言葉にしてみると、「あ、僕ってダメ大学生だったんだ」と改めて認識する。

 

じゃ最近なにをやっているのかというと、人と会ってでかけたり、ダンゴムシ関連で出かけたりしている。それも週に1~2日程度なので特別忙しくしているわけでもない。ま、正直ヒマしている。ヒマなときは隣駅まで自転車で行って、図書館で時間を潰したり、近所のバッティングセンターに行ったりしている。

 

もし僕が大学生という社会的にものすごく有利な身分でなかったら、ただのニートである。8月はかなり派遣バイトに行っていたけど、最近はまためっきり行かなくなってしまった。(8月に行っていた派遣先の案件がなくなってしまったから、と言い訳をしておく)

 

ただ例年の夏休みに比べれば、明らかに外に出て、人と会う機会が増えている。以前だったら、もっと家にこもりきりだった。それを考えれば、まあまあ充実した休みを過ごしているんじゃないかと思う。リア充といっても過言ではないかもしれない。

 

僕はずっと「生きづらさを抱えている人間」としてブログを書いてきたわけだけど、ここ最近はすっかり生きづらさを感じる瞬間が減ってきている。もちろんそれは僕自身にとって喜ばしいことだ。しかし困ったことに、それによってブログに書くことがなくなってしまった。

 

ただ、僕としてはブログは続けていきたいと思っている。辛かった時期にブログを書くことで気持ちが楽になったりもしたし、ブログから派生して生まれた人脈もたくさんある。人付き合いが増えたことで生きづらさが緩和されてきたことを考えれば、ブログをやっていたから僕は元気になれたといってもおかしくない。

 

だから僕にとってブログは大切なツールなのだ。書く内容や方向性は変わっていくかもしれないけど、なにかしらの形で続けていきたい。

 

また前回みたいに抱負だけ語って、具体的な行動を起こさないパターンかもしれない、と自覚しつつこの辺でおしまいにしようと思う。(具体的な行動を起こすためにも、今後こういうことを書いてほしい、などの要望とか期待があれば、ご意見ちょうだいしたいです)

© 2014 enpitsu