読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

近況

報告するようなできごとがあったわけじゃない。けど、とにかくやることがなくて、いらいらして、もやもやしているので、とりあえず文章でも書けばすこしはすっきりするだろう、ということでブログを書くことにした次第です。

 

4月からニートになったわけですが、大学の授業が終わったのは2月。それからじつに4ヶ月、たまに人と会ったりはしたものの、ほとんどなんの予定もない日々を過ごしてきたわけです。

 

前回も書いたけど、じつに飽きる。お金もないので、行くところといえば図書館しかない。さすがに図書館にも飽きてくる。結局、ひまを潰すのに最強のツール、インターネットさんに頼りっぱなしなわけです。一応、WEBデザインの勉強を進めたりはしているけど、まえほど熱中しているわけでもなく。

 

だったら、前みたいに毎日ブログを書いてみるか、とも思うのですが、なんだか気がむかないのです。ブログをはじめたころは自分の意見や考え、悩みを書くことを純粋に楽しんでいましたが、いまはそれができなくなってしまったのです。やたらと読者の目を意識するようになってしまって、「書いてもどうせ読まれない」なんて思い込むようになってしまいました。

 

ブログなんて、「自分の書きたいことを書く」というごくシンプルなものなはずなんですが、それがいまはできない。「ブログでお金を...」というよこしまな気持ちもブログを楽しむことを邪魔しています。

 

ちょいと話は飛びますが、最近noteをはじめました。文章とか音声とかを有料で公開できたりするサービスです。はじめたといっても、ただ登録をしただけでとくになにか公開してるわけでもないんですけどね。ま、なにかおもしろいことができればいいな、と思いつつ登録だけしておきました。

 


こないだからずっと「なんかやりたい」と言ってますが、アイディア自体はいくつかあるんです。「こういうことをやってみたい」とか「あれをやったらおもしろいんじゃないか」とか。けど、それを行動に移してないという...。noteで15分ひとりごとラジオを配信するとか、ダンゴムシで生きづらさに関する情報誌をつくるとか、デザイン代行を引き受けるとか。

 

それをやって意味があるのか、とか誰も求めてないんじゃないかとか、そういう気持ちが行動にブレーキをかけてるんだと思います。そんなの気にせずやったらいいと思うんですけどね。どうせやることないんだし失うものもないし。

 

楽な生活はもう飽きたので、楽しい生活をしたいです。あんまり近況報告になってないけど、報告終わります。

 

© 2014 enpitsu