生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

ニートだったコミュ障が就職して2ヶ月経った

もう5月が終わろうとしている。はやい、ほんとうにはやい。

 

仕事のほうはだいぶ慣れてきた。いままでは、逐一上司に聞かないとなにもできなかったけど、少しずつ自分で判断できるようになってきた。数日前に5~6個の業務を引き受けることになった。ひとつひとつがそこまで大変なものではないのでたいしたことないのだけど、自分がしっかりやらないと周囲にも迷惑をかけるのでちょっとプレッシャーを感じている。

 

だけど自分で、優先順位や、どうやったら期日までに終わらせることができるか、を考えながら仕事をするのは案外楽しいということに気づいた。楽しいというか、ようやく自分が「仕事してる感」を感じられたというか。まだ全然会社の戦力にはなっていないけど、すこし社員としてステップアップできた気がしてうれしい。

 

それから、毎日いろんなことを覚えてきたけど、最初のうちはひとつひとつの知識がつながっていかなくてわけがわからなかった。全体像がどうなっているのかが分からなくてもやもやしていた。パズルのピースが少しずつそろっていくんだけど、完成図がわからないから、どう組み立てていいか分からないような状態だった。

 

だけど、やっと全体像が見えてきたような気がする。このピースをどこにはめていいのかまったくわからない、という状態から、「たぶんここにはめるんだろうなあ」と検討をつけることができるようになった。そのおかげで、仕事がやりやすくなってきた。

 

鬼門の電話対応に関しても、だいぶ成長してきた。アホみたいに噛むことはほとんどなくなったし、イレギュラーな電話にもある程度、自分で判断して対応できるようになってきた。取り次ぐだけの電話に関してはいつでもこい、という余裕すらある。ただ正直、できれば電話は取りたくない。でもいまは大事な仕事のひとつなのでやるしかない。

 

人間関係に関しても、周りの社員さんと軽い雑談ができる程度には打ち解けてきた。まえは笑ってリアクションを取るので精一杯だったのが、一言なにかを返せるようになってきた。たどたどしくて、話しかけてくれた社員さんに気まずい思いをさせてしまっているかもしれないけど、僕のなかでは目覚ましい成長だ。

 

そんな感じで少しずつ軌道に乗ってきたなあという感じだ。それでも「つらいなあ」と思う場面は多々ある。たくさんミスしたり、恥をかいたり。苦手なコミュニケーションをつねに取らなくてはいけなかったり。なかなかひとりになる時間がなかったり。それでも、なんとかすこしずつ適応してきている。

 

ときたま自分のダメっぷりを責めそうになるけど、1年前、自分がニートだったころを思えば、1000倍マシなので褒めることにしている。ここまで毎日めげずに会社に行っているだけで十分だ。他人と比べるのではなく、過去の自分と比べる。自己嫌悪しそうになったら、それを思い出すようにしている。

 

あしたからまた平日だ。もうすでに帰りたい。けどがんばろう。

© 2014 enpitsu