生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

人のことを好きになりたいのにもどかしい

人のことは基本的に好きだ、たぶん。けど、いかんせん僕は臆病だ。すぐに「嫌われてしまうんじゃないか」って不安になってしまう。だから目の前の人を手放しで好きになれなかったりすることがある。言葉を選ばずに言ってしまえば、目の前の人は僕のことを嫌う可能性のある存在なので、「敵」のように感じてしまうのだ。

 

しかしおもしろいもので、テレビやネット越しに見る人のことは簡単に好きになれたりする。テレビだったら、俳優さんやタレントさん、芸人さんなど。ネットだったら、ブロガーとか、ツイッターの人とか、Youtuberとか。基本的にこちらが一方的に見たり、聞いたりするだけの一方通行的な関係の人のことは素直に好きになれる。

 

けど、直接コミュニケーションをする人となると、そうじゃなくなってしまう。その人と直接触れた瞬間に、その人は自分のことを嫌う可能性のある存在になってしまうので、とても怖い存在に思えてくるのだ。そう思えてきた瞬間に、肥大した自己愛を守るために、逆にその人に冷たく接してしまったり、距離を取ってしまったりするのだ。

 

しかも、つねに「自分が嫌われているんじゃないか」ということにアンテナを張っているので、ちょっとしたことで「嫌われてるかも!」と被害妄想してしまう。ときにはほんとに嫌われているかもしれないけど、そうじゃないときもあるはずで。実際にはただの思い過ごしなのに、ひとりで勝手に「うわぁ、嫌われたかもぉ...」って落ち込んだりするのだ。挙句の果てに「もういい...!」なんてひとりで拗ねたりする。なんともめんどくさい男である。

 

ほんとは素直に人のことを好きになりたいのだ。いちいち嫌われてるかどうかなど気にせずに、手放しで人とのコミュニケーションを楽しんでみたりしたいのだ。ツイッターとかでたまにフォロワーさんから返信をいただいたりする。そんなときたいてい、何度も文章を推敲して、嫌われないような無難な返しをするだけで終わってしまう。けど、そんなことせずに、純粋にやり取りを楽しみたいのだ。

 

とはいってもある程度はしかたない部分もあるのだろうとは思う。間違っても、誰とでもすぐに仲よくなれる外向的な人間ではないのだから自分にとって安心できる、人との距離の取り方とかがあるのだと思う。うまいこと自分の性分と付き合いながら、人とのコミュニケーションを楽しめるようになりたいものだ。

 

© 2014 enpitsu