生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

しゃべるのがめんどくさい

ちょっと久しぶりに病み気味なので、いろいろ書く。

しゃべるのがめんどくさい

しゃべるのは嫌いじゃない。居心地のいい相手とであれば、話したいと思う。けど、たまにしゃべるのがめんどくさくなるときがある。できればずっと黙っていたいと思うときがある。

 

継続的に人と会話することが苦手みたいで、ひとつの話題を広げて話すことができない。だから、いつもひとつの話題に対して数回のキャッチボールで終わって、またしばらくしたら次の話題へ、みたいな感じ。そもそもキャッチボールする意識がなくて、相手が投げたボールを受け取ってそのまま勝手に終了させたりすることもある。自分にはそんなつもりなくても、結果的にシカトしてしまっていた、みたいなことがよくある。

 

弟とはよく話すのだけど、とてつもなくダラダラ話している。どっちかが話題を振り、もう片方がそれに反応する、以上。みたいなのを何回も繰り返して会話している。そしてつねに会話しているわけではなく、しばらく黙ったあとにまた会話が発生する、みたいな感じ。家族との会話なんてそんなもんかもしれないけど。

 

他人と話すときも、ふいに黙りたくなって勝手にひとりの世界に入ったりする。やさしい人は気を遣って、話を振ってくれたりするので申し訳なくなる。気分次第では、自分の話を一方的にがんがん話したりするくせに、そうやってずっと黙っていたりもするから、とんでもなく自分勝手。

誰にも心を開きたくない

産まれてこの方、誰にも完全には心を開いたことがないんじゃないかと思うくらい、人に心を開かない。心に5重くらいロックをかけていて、3つくらいまでは扉を開けるんだけど、絶対に踏み込ませない最後の1、2個の堅い扉がある。

 

そもそも心を開くっていうのがどういうことかよくわからないし、心を閉ざし過ぎて、どれがほんとの自分かわからなくなってしまった。完全に心を開いている状態の自分がどれなのかわからない。

 

心を開いた自分を想像してみると怖くなる。こんな自分をさらけ出すわけにはいかない、こんなみっともない姿を見せるわけにはいかない、と防御反応が出る。そういうみっともない自分を認めたくないから、頑として心を開かないのかもしれない。

メンヘラはこわいぞ

メンヘラの定義はよくわからないけど、ぼくのなかでは「余裕がなくなって、自分のことしか考えられていない状態」だと思っている。20才くらいのとき、自分もそんな状態だったときがあるし、そういう状態の人から迷惑を被ったこともある。

 

いま身近でそんな状態の人がいて、周りからめちゃくちゃ叩かれている。で、ぼくはそれを反面教師にして気を付けようと思っていたのだけど、こないだ自分自身がそのメンヘラ状態の人と似た言動をしたことに気づいてとても怖くなった。自分も同じように叩かれてしまうのではないか、と。

 

そうやって「嫌われたくない」と思えば思うほど、余裕がなくなってどんどんメンヘラ状態になってしまう。どこかで手遅れになるまえに負のスパイラルから抜け出して、余裕を取り戻せばなんとかなるのだけど、手遅れになるといろいろ詰んでしまう。

なんのためにがんばってんだ

たまに何のためにがんばってるんだろう、と虚しくなる。明確な目標がないなかで、ただがむしゃらにやっていると、何のためにやっているのか分からなくなる。盲目的に目の前にあるやらないといけないことをがんばっているだけ。

 

自分が手に入れたいなにかのためにがんばっている、というよりは、「がんばっている自分」が欲しいからやっている感じがする。社会的なステータスというかなんというか。それで生きやすくなるならまあいいのかもしれないけど、ちょっと虚しさはある。

不安で不安でたまらない

いま仕事が憂うつで。失敗耐性がなく、人から「ちがう」と言われることを怖れすぎていて、自信をもって動けずにいる。けどやらないわけにはいかないから、なんとか奮い立たせてやっている。それまでにものすごい無駄な葛藤の時間があるので、社会人として終わっている。

 

やったことのないことをやっているのだからわからなく当然だし、頭も悪いのだから間違えて当然。だからどんどん人に聞けばいいのに、それを怠っている。いつも自分一人で抱え込んでなんとかしようとする。たいしたことできないのに。仕事に限らずいつもそう。

 

去年も最初はそんな感じで、だんだん自信をもってできるようになってきたのだから、今回もそのうちそうなると信じて、いまは踏ん張るしかない。幸い、周りは優しい先輩しかいない最高の環境なのだからなんとかがんばろう。

25歳になりました

25歳になっちゃった。どうしよう。とりあえずばんざーい。

 

あんまり思うところとかないんだけど、とりあえずちょっとうれしい気持ちと、焦りを感じている。24歳は年齢的にまだ子どもっぽさがあるけど、25歳は大人っぽい気がするので、自分が大人っぽくなったように感じてちょっとうれしい。中身がどうとかは言及してはいけない。

 

と同時にちょっと焦りも感じて。25歳だけど、まだ実家暮らしで、友だちもあんまりいなくて、恋人もいなくて。仕事はしてるけど、まだ2年目でたいしたスキルも持っていないし、目標もない。こんなんで大丈夫...?と不安を感じる。

 

かといって致命的にピンチな状況でもなく、そこそこ満たされているので「まだ平気でしょ」と悠長に構えていたり。そんなんでダラダラ生きていたら、30歳すぎてしまっていよいよやばいみたいな状況になっていそう。。

 

とりあえず直近の目標を掲げて、それをがんばる。

  • ひとり暮らし
  • 簿記3級、2級合格

ひとり暮らしはもう2年くらい「するする詐欺」してる。。いま日常的に物件探しをしているので、ネクストアクションは気になった物件の不動産に連絡すること。簿記は11月18日に受験予定。いま3級の勉強をしているけど、試験日まで期間があるのでできれば2級までいけたらと。

 

ここ最近は仕事帰りに、タリーズとかに寄って30分~1時間勉強して帰ることにしている。Studyplusを見ていると、一生懸命勉強してる人がいっぱいいるので、モチベーションを維持しやすい。社会人なのに一日何時間も勉強している人もいて「まじかよ」と思う。すごすぎる。逆に高校生で簿記やってる人もいて偉いなあとおじさん感心してしまう。

 

すこし脱線するけど、最近お腹が出てきている。食べても太らないタイプなのだけど、もう歳が許してくれないのか如実にお腹が出てきた。平日のお昼は外食をしているのでそれも大きい。ラーメンとかばかり食べている。職場でいじられるくらいになってきているので、早いうちに手を打たないと。筋トレしなきゃ。

 

さらに脱線するけど、6月7日でこのブログとツイッターも4歳になった。4年前と比べたら、いまはだいぶ幸せなんじゃないだろうか。ああどうだろう。一概にそうとも言えないけど、メンタル的にはかなり安定しているし、自分のこともそんなに嫌いじゃない。たまに「やっぱり大嫌いだ!!」となるときもあるけど。

 

閑話休題

 

とりあえず無事に25歳になれてよかった。日常の7割くらいは「幸せだなあ」と感じていて、3割くらいは「やっぱクズだなあ」と思っている。そのくらいのバランスが一番いいんじゃないかと思っている。いやもっとクズを自覚したほうがいいかも。なんだかんだ自分に甘いので、もっと厳しく。。。

 

ということで、また一つ歳をとりました。

近況と雑感

アベンジャーズ最高だった

昨日、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』観てきた。控えめに言って、超ウルトラスーパーやばたにえんだった。急いで予習した甲斐があった。

 

2年くらい前(?)からMCUシリーズを追いはじめた。基本的に、ツタヤで旧作になるのを待ってから順番通りに観ることにしていたので、このシリーズを劇場で見たことはなかった。

 

けど今回のは劇場で見たい!と思ったので、急いで追うことにした。そう思ったときは『ドクターストレンジ』まで観ていた状態だったので、その後の『GofG2』『スパイダーマン ホームカミング』『マイティ・ソー バトルロイヤル』を借りて観た。

 

ブラックパンサー』は物理的に見る手段がなかったので諦めた。結果的に、見てなくてもそんなに影響はなかった。シビルウォーで登場はしてたので「誰やねんこいつ」状態ではなかったし。でも見てたらより楽しめただろうなとは思う。

 

もう開始10分で「あ、これおもしろいやつだ」ってなった。2時間30分ずっとおもしろかった。つねにピーク。あんまり映画館に行くことがない上に、いつも映画だけ見てすぐ帰るんだけど、今回は「なにか買って帰りたい!」と思い、無難にパンフレット買っておいた。

 

興奮冷めやらぬ。

 

勉強はじめました

簿記3級とビジネス法務実務3級の勉強をはじめた。まだはじめて3日なので、3日坊主にならないようにがんばりたいところ。さぼらないようになるべくいろんなところで「勉強はじめました」と言うようにしている。会社でもしれっとアピールしたし、ツイッターでもStudyplusと連携したツイートを上げている。

 

Studyplusが意外といい。SNSみたいになっていて、自分が勉強したことを記録すると、それがタイムライン上に乗って全然知らない人から「いいね」が来たりする。同じ簿3を勉強してる人だったり、全然ちがうことやってる人だったり。意外と「いいね」もらうだけでもモチベーションになる。嬉しいからこちらからも知らない人に「いいね」したりする。

 

いまはとりあえず習慣的に勉強することが第一目標なので、ちょっとずつちょっとずつ進めている。年内にそれぞれ合格したい。簿記に関しては、次の試験が11月だから「一気に2級までやっちゃえば?」と会社の先輩が言っていたのでいけそうならやってみようかと。

 

気抜くとすぐサボるので叱咤激励してください。

 

仕事の雑感

いまPMOの仕事がメインなのだけど、順調かと言われればそうとも言えないし、かといってものすごく困ってるかと言えばそこまででもない、という感じ。なにやってるか一言で言うと、「会社が健全な状態になるようにがんばる」なんだけど、そもそもどういう状態が健全な状態なのかいまいちわからないので、どうしたらいいのかなあと。細かい不具合が多すぎてとても難儀。

 

普通の会社がどうなってるのか社会科見学したい。

 

ストレスフルな休日

やっぱり休みになると調子が悪くなる。なにもしてないのにやたら疲れるし、だるくなるし、気も滅入ってくる。「することがない」状態がストレスで仕方ないのかもしれない。「つねになにかしてないとだめ!」というよりは、「暇がないとだめ」というタイプのはずなんだけど。

 

「これあしたから大丈夫かなあ」と心配になるくらい日曜日に調子が悪くなったりするんだけど、月曜になって仕事に行くといつもの調子に戻る。社畜なのかな。なにか意味のあることをしていないと自分の価値が感じられなくてうんたら・・・みたいな感じなのかな。

 

しんどい。

 

ひとり暮らし

もうずっと始めたいと思っているんだけど、いろいろ億劫で手を付けられていない。でももう最低でも年内には始める。必ず。絶対。まずは家探し。慎重になりすぎてアクションが遅くなってるから、もうある程度見切り発車で動き出す。こういうのは一度、動き出せばとんとん拍子に進んだりするし。

 

これも勉強とおなじでいろんなところで言いふらして、逃げられないようにしたい。

 

何度でも言う

アベンジャーズ最高だった。

乱れている

今日はひどい一日だった。昨日、会社の人たちと飲み、それなりに酔っ払い、帰宅してすぐそのまま寝てしまって朝を迎えた。とくに二日酔いはなかったけど、酔っ払っていたときの楽しさとの落差がすごくてげんなりしていた。

 

なにか明確にイヤなことがあったわけではないはずなのに、なにもやる気が起きずずっとダラダラと動画を観ていた。ただただ時間を消費しているだけで廃人のようだった。たしか15時過ぎくらいにようやく部屋から出て、ごはんを食べた。

 

それから、18時くらいにまた寝てしまって20時に起きた。起きたとき、ちょっと動悸があって、自律神経が乱れているような気配を感じた。一応、夜ごはんを食べて、いつものように弟と会話をした。それですこし気分は晴れたが、また自室に戻ってきたいま、イヤな倦怠感がある。

 

2週間くらい前からなんとなく調子がおかしい。体調が悪いわけではないけど、いまいちよく寝れなかったり、ずーっとダルさや疲れがある。コンディション整えたくて、ゆっくりお風呂に入ってみたり、すこし運動してみたり、部屋掃除してみたり、いろいろやっているのだけど、あんまり改善されない。

 

お酒がいけないんだろうか。最近、毎日のように飲んでいる。会社の人と飲みに行くことも多かったし、家で晩酌もよくしていた。良くも悪くもお酒の楽しさを覚えてしまった。なんとなく引っかかっているモヤモヤを吹き飛ばしたくて飲んでいる節もあるのだけど、あまり効果はない。一時的に楽しくなるだけ。

 

なににモヤモヤしているのかは自分でもよくわからず、なんとなく思い当たる節はあるけどよくわからない。業務内容が変わったことは少なからず影響してそうだなとは思う。いままでとは仕事の進め方がちがうので、新しいことに対するストレスみたいなものは感じているかも。

 

あとは最近やたらと寂しさを感じる。この話をちゃんと書くと、メンヘラ感がすごくて自分でも引いてしまうのであまり書かないでおく。。お酒を呑むとそれが顕著に表れるのでこわい。「ああ、自分かまってほしいんだなあ..」と気づく。恥ずかしい死にたい。

 

とにかく最近、微妙に情緒不安定なのではやく落ち着きたいという話。GWにやりたいことがけっこうあるので、せっかくの連休を無駄にしないように調子を上げていきたい。休むときは休んで、メリハリを付けて活動したい。

本質から逃げて、表面だけ順調に生きている

べつに旅行というわけではなく、無意味にビジネスホテルに泊まってゆっくりするという休日を過ごしている。昨日の14時にチェックインして、12時にチェックアウトするまでの20時間。ほとんど外に出ず、引きこもっている。

 

近況はというと、おかげさまでそこそこ順調に過ごしている。小さな問題や、誰もが持っているような悩みは抱えているけど、それも含めてごく普通に生きているなあ、と感じている。

 

たまにこのブログの昔の記事を読み返す。すると、僕が生きづらさの渦中にいて、とても苦しんでいる様子が書いてある。それを読んだとき、「そういえば、こんな時期もあったなあ」と思う。そう思うことで、当時といまの自分の違い、みたいなものを実感する。

 

いまだって、基本クズだし、コミュ障で、社会不適合者で、ダメな人間だと思う。けど、当時とはあきらかに心持ちがちがう。いちいち自分を悲観しないし、責めない。そうして立ち止まっていることが無意味だと気付いたからだ。

 

余計なことは考えず、楽しく過ごす。目の前のことをやる。自己嫌悪して、気分が落ち込んで、なにもできなくなるよりは、いったん自分のことは棚に上げて、楽しいことしたほうがいい。徐々に元気が出てきて、いろいろやってみよう、と思えるようになってくる。

 

僕はそうやって徐々に元気になってきたので、そういう方法がいいと思っているのだけど、逆に最近はそのせいであまり自分と真剣に向き合わなくなったような気もしている。なにか悩んだときに、深く考えずに「さ、寝よ寝よ」とか「考えるのはやめよう」と、なんとなくごまかしているからだ。

 

ときには苦しいかもしれないけど、ちゃんと悩んで考えて行動しないといけないこともあると思うんだけど、それから逃げているような気もしている。だから、いつもなんとなくでしか生きていないような。本質から逃げて、表面だけ順調に過ごしているような感じがある。

 

僕は悩み方がヘタなんだと思う。ちょっと僕は自分自身を過信しているところがあって、なにか悩みがでてきたときに、それと向き合おうとすると、「なんで自分はできないんだ」「なんでうまくいかないんだ」「自分はもっとできるはずなのに」と、できるはず(と過信している)の自分を責めるばかり。自分ができるかできないかはべつにどうでもよくて、問題を解決するにはどんな方法を取ればいいか?ということを考えればいいはずなのに。

 

自分のこういう一面を振り返ると、まだまだクズだなあと自覚する。パワプロでいうと、調子を「絶不調」から「好調」にすることはできたけど、まだミートはFだし、パワーも走力もGのまま、という感じ。感情や気分は回復できたけど、人間性自体はたいして変わっていないという。。

 

なんにしても、まずは調子を整えないとなにもできないので、とりあえず調子を上げることができたのはよかったと思う。そのおかげで、なんやかんや仕事もできているし。とりあえずいろいろやってみて、なにか問題が出てきたらそのとき考えればいい。大切な問題が出てきたら、すこしでいいから真剣に向き合ってみる。ほんの10秒でもいいから。