生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

生きづらさから抜け出すには、やっぱり「人」と会うしかないのかもしれない

8日ぶりのブログ更新。1度、ブログを書こうとはてなブログの編集画面を開いたのだけど、10分以上考えてもネタがなかったので書くのを断念した。じつは今日もあまりネタがない。だけど今日は、ネタがないことをネタにして書いてみようと思う。

 

このブログのタイトルは「生きづらいふ」。「生きづらい」と「ライフ・LIFE」を合わせた造語だ。僕自身が感じている生きづらさについて語るのがこのブログの主旨であるということを表している。

 

1年前からはじめて、さんざん生きづらさについて語ってきた。ブログを続けることで、少しずつ人生が動き始めて、生きづらさが軽減されていったように思う。人と会う機会が増え、生活が充実しはじめた。ついにこないだは「生きづらさ」をテーマとした集会を企画して、実際に開催するほどにまでなった。(第1回「生きづらさを抱えている人の集会」を開催しました!/リバ邸八王子にて

 

喜ばしいことに、少しずつ少しずつ僕の生きづらさはなくなってきている。少なくとも、極度に自分に自信がない状態や、抑うつ的な状態は抜け出せたと思う。もう激しく自己嫌悪を繰り返したり、「自分なんかダメだ」と卑下することも少なくなった。

 

完全になくなったわけではなくて、いまでも自分のダメなところは「ダメだ」と思っているし、クズだと思う瞬間もある。けど、そう感じている時間が少なくなってきた。逆に最近は、僕ってそこまで悪いやつでもないんじゃないか、もう少し自分に自信を持ってもいいんじゃないかと思える瞬間が増えてきた。

 

 

そう思えるようになってきたのは、結局は「人との関係」が増え、安定してきたからじゃないかと思う。最近は彼女との関係も良好だし、ブログから発生した人間関係も良い。初対面の人と会って、話すことにあまり抵抗がなくなってきたし、「人」への拒絶感が減ってきた。

 

対人関係の悩みが減ったことで、生きづらさを感じる機会も減ったんじゃないかと思っている。逆にいえば、対人関係が悪くなれば、またすぐに生きづらさが襲ってくる可能性もあるということだ。けどまあ、とにかく今は生きづらくない日常を過ごせている。

 

生きづらさがなくなってきたことによって、ブログのネタもなくなってきている。書きたいけど、書くことがないという嬉しいような寂しいような状態になっている。場合によっては、ブログの主旨を変えてみたりするのかもしれない。そのあたりは、おいおい考えていくことにする。

 

お知らせ

リバ邸八王子のお悩み相談に僕も回答者として参加させてもらうことになりました。リバハチ管理人のお二人と、はてなブログで「現在退職準備中」をやっているとれいCさんとともに、お悩み相談にお答えしていきます。

 

人生経験値の低い僕ですが、なるべくまじめに考えて答えていこうと思っています。よろしくお願いします。

 

回答一覧はこちら:お悩み相談室

悩み相談はこちらから:お悩み相談

© 2014 enpitsu