読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

そういえば1年前から父親と別居しています

生きづらさ

去年のちょうど今ごろから、父親と別居しています。いまは母親と2人の弟と4人で暮らしています。べつに隠していたわけではないんですが、あんまり家族のことをオープンに語るのもどうかな、と思っていたのでブログには書いてませんでしたが、べつにいいかなと思ったので書くことにしました。

 

僕は去年の2月から3月の終わりまで一人暮らしをしました。それは母親が新しく契約した家での生活でした。母は父と同じ屋根の下で生活することに耐えられなくなり、別居することを水面下で計画していたのです。そのために父には内緒で家を用意したのです。

 

そこに、ちょうど僕が「一人暮らしをしたい。家を出る。」と言い出したのです。2014年の11月の話です。しかし、僕には一人暮らしするだけのお金もなく、現実的に厳しい状況でした。そこで母親が、「新しい家にあなただけ先に住んだら?」と提案してくれて、僕の一人暮らしが実現したのです。

 

そうして僕は2月からひとり、新しい家に移りました。2ヶ月弱、一人暮らしを漫喫しました。母親と弟2人は3月下旬に移る予定でした。弟の学校の関係があったからです。そして、ちょうど1年前のこの時期に、当日まで父親にはまったくなにも言わずに母たちは家を離れ、新しい家に移ってきました。

 

日中、父が仕事に行っている間に引っ越し作業を行いました。なので、父からすれば、夜になって家に帰ってくると、家族も家具もなにもない!という状況になったはずです。ほんとドラマのような展開ですね。母は置き手紙くらいしようかと言っていましたが、結局せずに出てきたようです。

 

すぐに父親から母親のところにメールが来たそうです。しばらくメールのやり取りをしたようですが、どんな会話をしたのかは知りません。さすがに父がキレるかな?とか予想してましたが、案外なんのトラブルもおきませんでした。父も家族に興味がないのか、なんだかんだのびのびと一人で暮らしているんじゃないでしょうか。

 

こちらも平和です。母にとって最大のストレス源であった父がいないので、母親の機嫌も幾分よくなりました。週に1回くらい、どうしようもなくイライラしていますが。家族として、これがベストな状態なのかといえば、そうではないと思います。ただ現状はすごく落ち着いています。

 

そんなわけなので、去年の2月から父と会っていません。けど、たまに夢に父が出てきます。会いたい!と強く思ったりすることはありませんが、なんとなく腹を割って話してみたいな、という気持ちはあります。いつか。

 

こんなドラマみたいな形で別居するくらいだったら離婚すればいいのに、と思います。まえに母親に言ったこともあります。「離婚すればいいじゃん。」って。けど母は「うーん、べつにそこまでは...。」と言っていました。たぶん怖いんでしょうね。別れる勇気がないんでしょう。

 

はい、そんな感じです。とりあえず現状は平和で落ち着いています。僕には家族がいるようでいません。けど、いないようでいます。よくわかりません。なんとなく平和なので、なんとなく平和な環境に依存してしまっています。環境を変えないといけません。

© 2014 enpitsu