生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

毒親とは真逆の人間になれ

毒親が期待するような人間にならなくていい。むしろ毒親とは真逆の人間になろう。

 

 

僕の母親は毒親だ。少なくとも僕にとっては毒である。そりゃもちろん、ここまで育ててくれたこと、家事や経済面で支えてくれてることは感謝しているけども、人として尊敬できない。主婦としては優秀かもしれないけど、母親としては失格だと思っている。

 

母はすぐに人格否定する。テレビを見ていても、気に入らない人には「うざい」「気持ち悪い」「こいつ嫌い」という。そのくせ好きなものに対して「好き」とは言わない。母がいつも口にするのはネガティブで、否定的なことばかり。

 

母は僕が5~6才のころから、父を嫌いはじめた。母が父の人格を否定するのをずっと聞かされてきた。僕はそれに洗脳されて、一緒になって父を嫌った。おかげで父のことはいまだに嫌いだし、心を開けない。いまではだいぶ良くなったものの、高校生のときから、父の性格と似てきた自分自身を肯定できず、激しい自己嫌悪に苦しんだ。

 

ついこないだは、メールで「あなたが(3人兄弟のなかで)一番変わっている。」と非難された。なにがどう変わっているのかは分からないが、母から見れば僕は理解できない人間なんだろう。けど、それは母の価値観に、僕という人間がそぐわないだけであって、僕が人格否定される意味は分からない。

 

あんたが気に入るような人間になってたまるかよ。

 

そう思った。「変わってる」と言われてなんぼだ。どんどん母とは真逆の人間になってやる。毒親とは真逆の人間になってやる。あんたのような人間になったところで決して幸せにはなれない。現にあんたはいつも不幸そうな顔をしている。そんな人生楽しいか?

 

毒親とは真逆の人間になろう。理解されなくていい。受け入れられなくていい。どうせ毒なんだから。

© 2014 enpitsu