読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

2014-01-01から1年間の記事一覧

生きづらさに苦しんでたけど、ブログはじめたらゆっくり人生が動き出した

2014年、最後の投稿。簡単に今年の振り返りを。 2014年は、僕にとって大きな意味を持つ年になった。2012年ごろから心を病み始めて、しばらく僕の人生は停滞していた。が、今年になってやっと人生が再び動き出した。 なんといっても、このブログを始めたこと…

ページをめくるたびに勇気付けられる!生きづらさに悩む人が読んでおくべき本10選(2014年版)

2014年は、じつにいろんな価値観に触れることができた。衝撃的な考え方や生き方・働き方を知る機会がたくさんあった。それによって僕の人生にもさまざまな選択肢が登場し、希望を見出すことができた。 そんな、僕にある意味革命を起こしてくれた本たちを紹介…

人と会うのは怖い、でもちょっと関わってみたいとも思っている

人と会うというのは、これ以上ないほど恐ろしい行為だ。 できるだけ会いたくない、なるべく人と会う機会は避けたい。いつもそう思っている。

自分の欲求が分からなくなるくらいなら、もっとわがままになれ

今、とある本を読んでいる。自己啓発系というか現状脱出を目指す系の本なんだけど、その本のなかで「自分の欲望を大切にしよう」という話があった。 その部分を読んで思った。僕は自分がなにを望んでいるのか、自分がなにを欲しているのかよく分かっていない…

生きづらさを語り続けてついに100記事突破。人気記事をランキング形式でまとめた

この記事がちょうどこのブログの100記事目になる。1記事目を書いたのが、今年の6月8日だったから、だいたい半年と10日ほどで達成したことになる。

変わりたいのに変われないすべての人へ。まずは変わりたいと思うだけでいい。

僕には、1年半付き合っている彼女がいる。彼女には、僕が生きづらさを抱えながら生きていることを正直に話してある。なかなか理解されないこの生きづらさを彼女は理解し、受け入れてくれている。 そんな彼女は僕にいろんなことを教えてくれた。僕が考えつき…

生きづらさは最大の武器になる、人生で一度立ち止まることの大切さ

僕の人生ってなかなかおもしろい。いや別にアクシデントばっかりだったとか、ものすごい体験をしたとかではないけど。でも、なんかおもしろい。

[THE MANZAI2014]テクニックよりキャラで勝負を挑んだトレンディエンジェル!

テレビが選挙で騒いでいるなか、僕はのんきに漫才について話す。 以前にも書いたことあるけど、僕はお笑いが好きだ。とくに漫才が好き。 漫才師をかっこよく見せるM-1グランプリの魅力 M-1グランプリが来夏復活!!しかしTHE MANZAIとの違いは・・・?

1年間派遣バイトをやった大学生が、派遣の扱いについて話す

ちょうど1年ほど前から、不定期で派遣バイトをやっている。僕がいつもやっている仕事は、おもに倉庫内作業や事務所移転だ。 今までにいろんな職場で派遣として働かせてもらった。これまでにざっと20箇所ほどは行ったと思う。これだけいろんなところで働いて…

周囲からチヤホヤされるとき、僕はコミュ障でなくなる

基本的にコミュ障な僕だが、そんな僕でもコミュ障ではなくなる場面がある。 僕がコミュ障ではなくなり比較的人と話せるようになるには、ある条件が必要になる。 それは、「周囲からチヤホヤされること」だ。

すべての人が肩身の狭い思いをしなくて済む社会がいい

昨日、世界仰天ニュースで文字の読み書きにだけ困難を抱えるディスクレシアという学習障害の一種についての特集をやっていた。 番組では、実際にディスクレシアを抱える井上さんという人物を取り上げていた。井上さんの苦労の連続だった人生が再現VTRで紹介…

「いまどきの若者は...」って否定してもなんの意味もない (『オタクはすでに死んでいる』を読んで)

岡田斗司夫さんの『オタクはすでに死んでいる』を読んだ。 タイトルどおり、オタクが死んでしまったという内容の本。しかし、オタクが死んでしまったとはどういうことなのか。

「自己肯定」と「自己正当化」に関してだいたい結論が出た

昨日書いた記事に関して多くの人から意見をいただいた。(自分を「肯定」することと「正当化」することは違う) いろんな方の意見や考えを読んで、だいぶもやもやが取れた。そのなかでもとくに参考になったコメント等をピックアップして、さらにここで考えを…

自分を「肯定」することと「正当化」することは違う

このあいだ、過度な自己否定はよくない、ということを主張した。 自己否定なんか今すぐやめた方がいい、とりあえず現状を肯定してみることからすべては始まる 自己否定しまくって、気分が落ち込んでなにもできなくなるくらいなら、とりあえず現状を肯定して…

頑張れない、努力できない人の生き方

「頑張れない」「努力できない」そんな自分がイヤで落ち込む人は少なくないと思う。

生きづらさを感じている人の「集会所」のような場所を作りたい

僕がブログを書く理由。それは正直、僕自身でもよく分かっていない。 今思えば、僕がこのブログを始めたのは、「承認欲求」を満たしたかったからだと思う。自分が感じているどうしようもない生きづらさをブログを通して叫びたい、訴えたい、誰かに見て欲しい…

自己否定なんか今すぐやめた方がいい、とりあえず現状を肯定してみることからすべては始まる

ものごとを前に進めるためには、建設的に考えるためには、とりあえずすべてを肯定することから始まるんだと思う。

行動したくない、努力したくないという人に必要な考え方

僕は高校3年の夏からずいぶんと長い間、自分の性格について悩み続けてきた。 この長い期間、僕は寝ても覚めても頭のなかで性格に関する悩みをこねくり回していた。頭のなかで「ああでもないこうでもない」とぐるぐるぐるぐる悩みが回っていた。

人になにかを与えられる「いい人」が経済を回す (『評価と贈与の経済学』を読んで)

岡田斗司夫FREEexさんと内田樹さんの対談本『評価と贈与の経済学』を読んだ。 正直、社会のことや経済のことなど、小難しいことはよく分からない。無知なりに読んで学んだことを書いてみる。

人生を変えるには覚えるだけの勉強をやめて、自分の世界を広げる勉強をしよう

以前にも書いたことあるが、僕はマジメではあるけど、賢くはない。 (学校ではマジメな生徒が成功する、社会では賢い人が成功する) しかし、ただのマジメではない。どちらかといえばまじめ系クズだ。一見、まじめに勉強してるように見えるけど、たいして勉…

悩み事があったから、自分自身に相談してみた

相談者(えんぴつメガネ):こんにちは。えんぴつメガネといいます。今日はえんぴつメガネさんに相談をしたくてやってきました。よろしくお願いします。 回答者(えんぴつメガネ):どうもどうも。こんにちは、えんぴつメガネさん。えんぴつメガネです。相談…

自立を決意してからやったことと、前回のブログの反響を受けて思ったこと

さあ、前回の決意からしばらくが経った。あれから、自立へ向けて少しずつ行動を起こした。 まず、この数日で僕がやったことは以下の3つ。 ・派遣バイトの再開 ・新しいアルバイトへの応募 ・一人暮らしの物件探し 今、僕の収入源は登録制の派遣バイトのみだ…

真面目系クズの僕が、毒親から離れることにした話

一人暮らしをすることにした。できるだけすぐに。 まず経緯を落ち着いて整理したいと思う。 僕は現在、実家暮らしをしている。両親と僕、弟2人の5人で暮らしている。が、この家族にはちょっと問題がある。僕が小さい頃から、ずっと夫婦仲が良くないのだ。 夫…

自分の生き方が見つかりそうなんだけど、でもやっぱり迷子になる

僕の性格がどこまで異常なのか分からない。たんなる性格のレベルなのか、「障害」と診断されるほどのレベルなのか。 性格と障害は連続的であって、その区別は微妙なところ。こればっかりは自分で判断できない。プロの力に頼るしかない。そのプロであっても、…

頭を使って考えるのが苦手で、数学とか全然できない

生きていればいろんな問題にぶち当たる。誰だってなにか問題に直面したことがあるはずだ。 ひとはみんなそれぞれの方法で問題を解決していく。ひとによって解決するまでの時間は違うし、対処法もまったく異なる。それぞれの考え方で解決していく。 だけど、…

どうしても自分の性格がイヤなんだ、どうしても変わりたいんだ

今までさんざんいろんな精神的な障害や疾患を疑ってきた。 ネットで調べてみると、いろんな精神的な障害が自分に当てはまる気がした。発達障害や、自己愛性パーソナリティ障害・境界性パーソナリティ障害。対人恐怖症、社交不安障害などなど。 どれにも自分…

いろんな精神障害に当てはまる気もするし、当てはまらないような気もする

大学の授業の関係で、図書館で「はじめての認知療法」(大野 裕 著)という本を借りた。 認知療法とは、おもにうつ病の治療法として利用される療法だ。人は現実に起きたできごとを自分なりの解釈で認知する。うつ病患者は、何事も悲観的に考えてしまうため、…

生活習慣を見直すことで、身体の健康だけでなく心の健康も取り戻す

昨日、いつも僕は自分の内面にばかり関心を向けているから、たまには外に目を向けてみるという話をした。(自分の内面ばかり見つめていないで、もっと楽しいことやおもしろいことに目を向けたい) 実際に今日、自宅と大学を往復する際、いつもとは違うところ…

自分の内面ばかり見つめていないで、もっと楽しいことやおもしろいことに目を向けたい

自分のことが嫌いになって、この性格について悩みはじめたのがおよそ3年前。 それから来る日も来る日も、自分の性格や内面について考えてきた。寝ても覚めても、自分のことについて悩み、もがいてきた。 いろんな本を読んだり、映画を見たり、ネットで性格を…

僕たちは生きるために働くの?働くために生きるの?

ある疑問がある。 僕たちは 「生きるために働くのか」 それとも 「働くために生きるのか」 人生での最優先事項って、もちろん「生きること」だと思うんだ。 でも、この社会では自分の生活を犠牲にしてでも「働かなくちゃいけないとき」があるらしいんだ。 体…

この家にいると無気力になるから環境を変えたい

やっぱりこの家にいると、僕の精神衛生上よくないみたいだ。この家にいると、無気力、ネガティブ思考、無力感に陥る。もうなにもする気がおきないような、頭の回転が止まったような感じになる。 この間の金曜日。僕はものすごいやる気に満ち溢れていた。ツイ…

リアルでの僕と、ブログでの僕との間に生まれたズレ

最近、なんだか心の調子が良い。特に気分が落ち込んでいることもなく、わりとポジティブな状態をキープできている。 同じ「えんぴつメガネ」という名前でツイッターをやっているのだが、そっちでも前向きな内容のツイートをすることが増えてきている。 ただ…

みんな僕を見下している、という被害妄想が僕を人間不信にする

僕がときたま感じる不安感がある。それはなんだかあやふやでモヤモヤした不安。その不安の原因は、社会や世間からの疎外感であることが多い。 「ダメ人間」「クズ」「ネクラ」そういった言葉で、人々が僕を拒絶し、見下している。そんな被害妄想的な考えがふ…

家入一真さんが言っていた「脳内自分実況」をやってみたら、自分を愛する感覚が味わえた

家入一真さんという人がいる。元ひきこもりの起業家だ。今年はじめの都知事選に出馬したことで家入さんを知った人もいるんじゃないかと思う。 「元ひきこもり」だったのに「起業家」という異色の経歴を持つことから、この人に興味を持ち始めた。家入さんが書…

「人見知り」を克服する必要はない『「人見知り」は案外うまくいく』を読んで

『「人見知り」は案外うまくいく』(吉岡 英幸 著)という本を読んだ。 僕は小さいころから、さんざん自分の「人見知り」という性格に悩まされてきた。どうしたら人見知りって治るんだろう?って悩んできた。治せるなら治したい。そう思ってきた。 そんな僕…

もっと好奇心に忠実に生きていいんじゃない?(テレビで落合陽一を見て)

誰もが持っているはずの“好奇心”。「なんかおもしろそう!」「これってどうなってるんだろう?」「もっと知りたい!」そんな風に好奇心が芽生えることは誰にでもあると思う。 ついさっき、ふと思った。 もっと好奇心に忠実に生きたら、人生ってすごくおもし…

異常に不安を感じやすい性格は生きづらい

僕は人よりも不安や恐怖を感じやすいみたいだ。 何かいつものと違ったことをしようとするとき、とても不安を感じる。そして、できることならやりたくない、と思う。 僕が不安や恐怖を感じるのは、新しい人と出会うとき・新しい場所に行くとき・新しい集団に…

ブックオフの108円コーナーから見つけた掘り出し物

本が好きだ。だけど、金欠なため新品の本を買うことはめったにない。 そうなると、僕が本を読むには地元の図書館、もしくは大学の図書館で借りるか、ブックオフなどで安く買うかしかない。 そういうわけでよくブックオフに立ち寄る。108円コーナーをウロウロ…

障害なのかただの性格なのか、グレーゾーンな性格を乗り越える

僕は約2年前、当時付き合っていた彼女にフラレた。 本人にはっきりと言われたわけではないが、おそらく僕がダメダメ人間だったから愛想を尽かしたのだと思う。 当時の僕は、とにかく自分のことが嫌いで自分に失望しまくっていた。自尊心なんてものはカケラも…

「やりたくない」と文句を言う前に、自分なりの打開策を考える

やりたくないけどやらなきゃいけないこととどう向き合うか。 昨日、そのことについての苦悩を書いた。結局答えは出ず、なんだかもやもやしたまま終わってしまった。 <a href="http://enpitsu-me…

「やりたくないことから逃げたらダメ」はしんどい

やりたくない。だけど、やらなきゃいけない。 社会に生きていれば、そういうことって山ほどある。 できれば、逃げ出したい。やりたくないなあ、と思うことがいっぱいある。 みんなはやりたくないことでも、逃げ出さずにがんばっている。そんな人たちと、がん…

人がコワイのを治したいけど、社交的になりたいわけではない

ここのところ、「人がコワイ」ということばかりブログに書いてきた。 だが、いつまでもコワイコワイばかり言っててもしょうがない。そこでいったい僕はこの対人恐怖的な状態をどうしたいんだろう、と考えた。 そもそも僕は人がコワイ状態を治したいのか? 対…

リラックスすることと、ダラダラすることは紙一重

僕にとって、自分の家はもっとも落ち着く場所でもあるし、もっともネガティブな気持ちになる場所でもある。 アウトドアよりインドア派な僕は、外にいるよりは家にいたほうが疲れなくていい。外にいるというのは身体も疲れるし、なにより心が疲れる。 街を行…

人見知りの僕は小学生のときから人前が苦手だった

僕は小さいころから人見知りだった。 ただそうは言っても、小学校や中学校のころはそれなりに友達もいたし、それなりにみんなと仲良く遊んだりした。 今のようにほとんど人と話せなくなってしまったのは高校3年生になってからだ。高校3年生に何があったかに…

対人恐怖症ぎみの僕にとってグイグイくる接客は悪魔

服屋さんや、ファーストフード店、家電量販店などのお店はまったく立ち寄らないわけではないが、毎回ドキドキしながら入る。 それらの店には、「接客」という恐ろしいサービスが待っているから。

誰にも相談できずにたった一人で繰り出した小さな大冒険

小心者の僕は、たいしたことのないできごとをとても深刻に考えてしまう。それを象徴したできごとが中学1年生にときに起こった。 中学校へ入学したての4月下旬だか、5月のあたまごろ。新1年生は美術の授業で使う絵の具を購入する必要があった。その絵の具は…

中二病をこじらせた結果、自分に絶望することになった

僕がこんな人間になってしまったのには、とあるゆがんだ思考が影響していると思う。 いつごろから人見知りだったのか、はっきりとは覚えていないけど、けっこー小さいころから人見知りだった。 だけど、幼稚園のころはそれなりにともだちと遊んだ記憶もある…

ブログ始めて4ヶ月、9月は12,000PVを超えました

今日でブログ開設4ヶ月目。先月からはじめた月の振り返りをする。 先月はPV数を確認して、分析(?)したりしてみたけど、めんどくさくなったのではしょります。適当ですいません。 てなわけで、PV数の多かった人気記事トップ5(9月編)だけ上げておく。9月…

学校ではマジメな生徒が成功する、社会では賢い人が成功する

学校ではマジメな生徒が成功する。 社会では賢い大人が成功する。 学校ってのは、基本的におとなしく勉強していれば良い成績が付く。成績が良い生徒は優秀な生徒として扱われる。進学のときも有利になるし、クラスメイトからも「勉強ができるやつ」として一…

スマホ依存のせいで眼精疲労に、スマホ離れを実践している

とある事情で、いつも使っているiPhone5を初期化して、工場出荷状態に戻した。 それによって、ほぼすべてのデータがリセットされた。 写真はさすがに消去したくはなかったので、すべてパソコンに移して保管した。連絡帳もicloudと共有していたので事なきを得…

© 2014 enpitsu