読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

はじめてしっかりお金を稼いで思ったこと

働き方

去年の10月から派遣として働きはじめた。1日4時間で、それを週3日。だいたい月に50時間弱くらい働くという生活を半年続けた。それによってもちろんお給料をもらうことができたのだけど、こうやってしっかり長期で働くのは僕にとって今回がはじめてだった。

 

いままでは日雇いの派遣バイトしかやったことがなく、「1日だけ働く」というのを繰り返していくらかのお給料をもらっていた。月々の収入はまちまちで、多いときで4万円、少なくて(というかなにもしないと)0円。いつもお財布はぎりぎりで、貯金なんてまったくなかった。

 

いままでお金に余裕がある、という状態を経験したことがほとんどなかった。いつもいつも1円でもいいから節約しなきゃと思っていた。「買わないのが一番安上がり」と考えて、なにかが安売りされてても我慢して買わなかったり。友だちたちとコンビニに寄っても、自分だけなにも買わなかったり。

 

でもいまはようやく安定して収入を得られるようになった。そんなに多くはないけれど、いままでと比べたらものすごく大金を持っているような感覚だ。けど調子に乗って使いすぎないように、毎月自由に使える自分のお小遣いの額を決めて、それ以外はすべて貯金することにしている。

 

で、ある程度自由にお金を使えるようになってうれしかったのは、コンビニで買い物ができるようになったこと。いままでももちろんコンビニを使ったことは何度もあるけど、でもあまり使わないようにしていた。コンビニはどこにでもあっていつでもやってるから便利だけど、売ってるものはあんまり安くない。というか僕からしたら高い。だったらちょっと歩いて安いスーパーに行って買ったほうがいい、と思っていた。

 

ところが最近は、仕事帰りにファミマに寄って夜食を買って食べるのにハマっている。ちょうど最近、駅から自宅までの帰り道にファミマができたので、仕事帰りにはたいてい寄ってなにかを買っている。こないだはじめてプレミアムチキンとやらを食べて感動したし、ずっと食べてみたかったベビースターラーメンみたいのが入ってるサラダを食べてひとりではしゃいでいた。

 

そんな感じで、いままで「高い」と感じて買えなかったものも買って楽しめるようになったことがすごくうれしかった。お金がないころは「どうしてお金がないとなにもできない社会なんだー」と嘆いていたけど、ある程度お金を手にしたら、いったんそんなことを忘れていろいろ楽しんでいる。たまに思い出して世知辛いなあ、なんて思ったりするけど。

 

そういえば、23日にはついにはじめて横浜スタジアムにベイスターズの試合を観に行ってくる。これも自分でチケットを買えるようになったから実現したことだ。はじめての横浜スタジアム、はじめてのひとり野球観戦なのでいろいろ不安もあるけど、楽しんで来ようと思う。

 

あたりまえのことだけど、お金があると自分の欲しいものを手に入れることができる。最近になってやっと、それができるようになったのでとてもうれしかったし、いろいろと楽しんでいるという話。さらにいうと、そう感じられたからこそ、これからも働こう、と思えるようになった。

© 2014 enpitsu