生きづらいふ

人生をクリアに、シンプルに、さわやかに。

グループワーク?集団面接?就活ほど恐ろしいイベントはほかにないんじゃ?

前回は、今ちょっと落ち込んでいるよ、ということを書いた。「バイトしなきゃ!」「やっぱり無能?」今、久々に落ち込んでいる理由

 

あれから数日経って、今はだいぶ平常運転になった。わりといつも通りに、淡々と日々を過ごしている。(はてブ等で、アドバイスをくださった方、ありがとうございました。とても励まされました。)

 

話は変わって。今週から僕が通う大学で、「就活セミナー」なるものが始まった。毎日、昼休みにいろんな業界の企業さんがやってきて、その業界についてお話をしてくださる、というありがたいセミナーだ。

 

f:id:enpitsu_megane:20150118223340j:plain

 

大学3年生の僕は今年、就活を迎えることになる。というか、もう2ヶ月もしないうちに就活がスタートする。(実際は、すでに水面下でスタートしているらしいが)

 

こんなことを声を大にして言うのもどうかと思うが、いやしかし、就活したくない。これほどまでに恐ろしいイベントごとがあるだろうか。考えただけで、逃げ出したくなる。

 

就活したくない!とか言っておきながら、今週だけで3回、大学の就活セミナーに出席した。とにかく話が聞けるのなら、聞いておこうと思って参加してみた。百貨店業界やら、ものつくり業界やら、3種類の業界の話を聞いた。

 

話を聞いた結果、どの業界にもたいして興味は湧かなかった。それもそのはずで、そもそも就活に乗り気じゃないからだ。行きたくもなかった動物園へ連れてこられて、ライオンなど見せられても興味など湧くわけがない。

 

セミナーで業界説明をしてくれたとある企業さんが、資料として自社の新卒採用募集要項を見せてくれた。そこには大まかな選考の流れが書いてあり、「グループディスカッション」やら、「集団面接」やら、「社長との面接」などなど、恐ろしい言葉ばかりが並べられていた。

 

半年後には、ほとんどの同級生たちがこれらに挑んでいくのかと思うと、「おまえらまじか」という気持ちになる。就活を楽しむ人などそうはいないと思う。ほとんどの人が緊張や不安、ストレスと戦うことになると思う。でも、戦うにいくだけですごいなと僕は思う。

 

でも・・・きっと僕は一応、就活をすると思う。仮にどこかから内定をもらえたとして、そこに就職するかは別としても、就活はしてみるつもりでいる。なにもしないよりは、やってみてあれこれ意見を言ったほうがいいだろうから。

 

これからこのブログで、就活や就職、働き方についての話題にも触れていきたいな、と思う。どうやって生きていくのか、どうやって稼いでいくのか。このブログを通して、考えていきたい。

 

就職がこわい (講談社+α文庫)

就職がこわい (講談社+α文庫)

 

 

関連記事

 

© 2014 enpitsu